Apple新本社のドローン空撮、今後は難しくなるかも...

Apple新本社のドローン空撮、今後は難しくなるかも...

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/04/17
No image

Image:Duncan Sinfield/YouTube

むしろ、いままでフリーダムすぎでした。

これまで定期的にアップル(Apple)新本社こと「Apple Park」の建築進捗を伝えてきた、ドローンによる空撮。しかしとあるドローンパイロットによれば、今後はその空撮が難しくなるかもしれません。

これまで定期的に上のようなApple Parkのドローン空撮をアップロードしてきたダンカン・シンフィールド(Duncan Sinfield)氏は、最新の投稿動画に以下のようなコメントを残しています。

「Appleがドローン空撮を禁止するのは時間の問題だろう。ジオフェンス(仮想的に設定された敷地)か、なにかを利用していて、ドローンを飛行させると、どこであろうと10分以内に白いプリウスに乗ったセキュリティがやってくるんだ。これはおそらく、ドローン操縦の発信電波を検知するシステムを利用しているのかもしれない」とのこと。

Apple Parkには多くの従業員が引っ越しを開始しており、また製品発表などのイベントでも利用されています。このような状況で、セキュリティ対策が厳しくなっていることは容易に想像できます。むしろ、今まで自由に撮影しすぎた…のかもしれませんね。

もしドローン撮影が完全に禁止されたら、建物が完成した際にはAppleによる公式のドローン空撮動画を公開してほしいものです。

Image:YouTube
Video:YouTube
Source:9to5Mac

(塚本直樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
MacBook Proの「バッテリー無償交換プログラム」開始!対象か調べる方法はこちら
ティム・クックCEO、MacとiPadの統合は「一部のユーザーがこだわっているだけ」と否定的なコメント
iFixitが新iPad(第6世代)を分解〜中身は第5世代とほぼ同じ
伊勢丹新宿のApple Watch専門店、5月13日で閉店!
Apple Pencilに対応した廉価版iPadを1週間使ってわかった○と×
  • このエントリーをはてなブックマークに追加