札幌ペトロヴィッチ新監督が攻撃サッカーへの信念を語る!「スペクタクルな時間を提供したい」

札幌ペトロヴィッチ新監督が攻撃サッカーへの信念を語る!「スペクタクルな時間を提供したい」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/13
No image

札幌のペトロヴィッチ新監督が12日に会見を行なった。より魅力溢れる攻撃的なサッカーを見せたいと意欲を語った。(C) SOCCER DIGEST

北海道コンサドーレ札幌は1月12日、2018年シーズンから新たに指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ新監督の就任会見を行なった。

新監督はまず、今回の就任までの経緯について、次のように述べた。
「浦和を去ったあと、比較的早い段階で野々村社長から私を獲得したいという話があった。最初の打診があってから2、3か月の間に野々村社長、三上強化部長と会う機会があり、話を重ねてきたが、そのなかで彼らから非常に強い意志と熱意を持って札幌というクラブを強くしたいというビジョンを示され、そのビジョンは私にとっても魅力的なものだった。それにぜひ私自身も加わり、ともに仕事をしたいと思った」

浦和監督時代の昨年7月末に、札幌に0-2の敗戦を喫した直後に解任を言い渡されただけに、「(昨年の)札幌の印象を聞かれると、負けた記憶が蘇ります(笑)」と苦笑を見せた新指揮官だが、昨シーズン終盤戦に見せた札幌の戦いぶりには好印象を持っていたようだ。
「シーズン最後の10試合を見たなかでは、しっかりまとまって戦っている印象があったし、非常に素晴らしい試合をしていた。そうしたなかでチームを引き継ぐわけですが、昨シーズンよりも攻撃的なものを落とし込んでいきたい」

そう語るように、ペトロヴィッチ監督がこれまで広島、浦和で披露してきたのはポゼッションを主体とした魅惑的な攻撃サッカーだ。札幌でも目指すサッカーに変わりはない。
「私は今シーズン、より魅力溢れる攻撃的なサッカーを見せたいと思っているし、昨シーズンより多くの勝点を獲らなければならないと思っている。そうでなければ、昨シーズン率いた(前監督の)四方田さんから引き継ぐ意味がない」

攻撃サッカーへの信念と前年を上回る結果へのこだわりを語った新指揮官。北海道の人々へ「スペクタクルな時間を提供したい」という熱い想いを、ピッチ上に表現するつもりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
U21日本代表、北朝鮮戦のスタメンを発表...第2戦から全員を入れ替える
浦和の命運がかかる大一番で下された、エース・福田正博への非情采配
森保ジャパン、北朝鮮戦は前回から先発11人総替え
FC東京、“ぬるま湯体質”脱却へ。長谷川イズムの注入、4ヶ条の徹底で「あるべき姿」に
初のJ1に挑む実力者たち。Fチャン編集部が選定、さらなる飛躍が期待される5人【編集部フォーカス】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加