Apple Watch Series 5の常時点灯は一度使うと戻れない魅惑の機能だった

Apple Watch Series 5の常時点灯は一度使うと戻れない魅惑の機能だった

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/10/19
No image

「Apple Watch Series 5」

今年も9月に新型Apple Watchが発売され、新たに常時点灯「Always-On」が利用可能になったことでより腕時計に近いデバイスとなりました。ただ、既報のとおり全体的に目立った変化はなく、外観に関しては前モデルのApple Watch Series 4と同じでパフォーマンスもそれほど変わっていないのが残念なポイントです。

今回アップルから新モデルを借りることができたので、Apple Watch Series 4ユーザーの筆者が新モデルに買い換えるほど魅力のある製品なのか、実際に一週間ほど試してみました。

見慣れたデザインで大きな変化はなし

No image

Apple Watch Series 5 44mm(左)と40mm(右)

今回使用したモデルは、ゴールドステンレススチールケースの40mmサイズで、Appleオンラインストアでの価格は8万80円(スポーツバンドとセットの場合)。また、Series 5では40mmと44mmの2種類のケースサイズがあり、素材はゴールドステンレススチールのほかにステンレススチールとスペースブラックステンレススチール、シルバーアルミニウム、スペースグレイアルミニウムのラインアップは前モデルと同じです。

No image

ステンレススチールケース(左)とゴールドステンレススチールケース(右)

なお、今年はホワイトセラミックが復活したほか、チタニウムとスペースブラックチタニウムが「Apple Watch Edition」として新たに加わったため、外観デザインに飽きた人は新素材のケースを選択するのもありかもしれません。

待望の「常時点灯」搭載。一度使ったら戻れなくなった

No image

外の明るい環境下でも見やすい(通常の点灯画面)

今思うと腕時計として当たり前の機能なのですが、常時点灯機能の実装によって手首を無理矢理返さなくても時刻をチェックできるようになったのはApple Watchにとって大きな変化です。

ディスプレーにLTPO(低温多結晶酸化物)を採用しているのは前モデルのSeries 4と同じものの、常時点灯できるのは新型のみ。仕組みとしては、画面のリフレッシュレートを通常の60Hzから1Hzへと低下させて色調も下げることで電力消費を抑えているそうです。

No image

新機能「コンパス」

No image

新機能「ノイズ」

さっそく常時点灯を試してみると、腕を下げても画面が完全に消えることはなく、明るさがわずかに暗くなる程度でディスプレー上の情報は常に見える状態です。カラー表示されている部分も少し色味が薄くなるくらいなので違和感はありませんが、思っていた以上にはっきりと表示されているのでバッテリー消費は大丈夫なのかと心配になるほどです。

なお、屋外などの明るい場所でも問題なく画面上の情報を確認できました。

No image

画面が暗くなった常時点灯時の様子

プライバシーにもきちんと配慮している

実は、常時点灯を実際に試してみるまでひとつ気になっていることがありました。それは、常時点灯時のウォッチフェイス上の各情報や、通知が来た際のプライバシー情報の表示方法です。例えば、通知が来た際に腕を上げればどのアプリに届いたものなのかわかりますが、その後に腕を下ろしても常時点灯時の画面上に表示されたままなのか? さらに、操作しないまま腕を下ろすとどのような動作をするのか気になっていました。

特にリマインダーやカレンダー、メッセージなど、プライバシーに関わる通知が届いた際でも常に画面に表示されたままでは嫌なので、アップルがその辺の仕様をどのように設計しているのか、Apple Watch Series 5を購入したらすぐに確認しようと思っていました。

No image

LINEのアイコンにスモークがかかり、上にデジタル時計が被さって表示される

具体的なケースとしてLINEの通知が届いた際の動作をみてみると、まず通知が届いた際に腕を上げるとそこで初めてLINEから通知が来たことがわかります。そして通知が来ても腕を上げずに下ろしたままでは、画面に変化はないという点ではSeries 4と一緒です。

一方、一度腕を上げてLINEの通知画面を表示したあと操作せずに腕を下ろすと、Series 4では画面が消えるため第三者に見られることはありませんが、Series 5では、腕を下ろすと画面全体にスモークがかかりその上にデジタル時計が被さって表示されます。つまり、常時点灯時でも画面に表示されている内容は第三者からわからないようになっています。

ただ欲を言えば、腕を下ろした際には通常の文字盤に戻ってほしかったのですが、現状では画面に表示される内容が第三者からはわからない仕様になっているのでひとまず安心です。ちなみに、そのまま少し経つと通常の文字盤表示に戻ります。

No image

リマインダー通知が来ても表示内容がわからないようになっている(写真は44mmモデル)

さらに、ウォッチフェイスに設定してあるコンプリケーションにおいても、心拍数やカレンダーといったプライバシーに関するものは、腕を下ろした際の常時点灯時ではアイコンに置き換わったり非表示になったりするなど、プライバシーに配慮した表示方法になっています。

これなら電車内でつり革を掴んでいるときなど、何かのタイミングで第三者に画面を見られることがあっても安心ですね。

バッテリー時間は前モデルよりも短い!?

No image

新しく加わったウォッチフェイス「数字・デュオ」

次は、購入希望者の多くが気になっているバッテリー時間についてです。残念ながら新モデルでも数日間もつバッテリー性能は持ち合わせておらず、基本的には毎日充電が必要になるのはこれまでのモデルと同様です。何世代も前からApple Watchを使い続けている筆者からすれば、毎日の充電はそれほど気にならないものの、充電速度に関してはもう少し高速化してほしいものです。

具体的にSeries 5のバッテリー時間がどれくらいかと言うと、例えば朝7時から夜22時くらいまで(ワークアウトなし)の装着で残り20%〜30%といったところ。アップルが公表している18時間駆動は問題なさそうですが、Series 4と比較して連続使用できる時間が短くなっているのはほぼ間違いないでしょう。

やはり常時点灯の影響が出ているのしょうか。もしそうなら、S5(Series 5搭載)とS4(Series 4搭載)のチップ性能がほとんど変わらないのは、バッテリーの消費電力を抑えるための措置だったとなれば納得です。一般的にチップ性能を上げると消費電力も上がってしまうため、それを防ぐためにあえてチップ性能を変えなかった可能性があります。

No image

watchOS 6以降、Apple Watchから直接アプリのダウンロードが可能に

もう少し細かく試してみると、ウォッチフェイスの種類で消費電力量が変わることがわかりました。例えば、画面上に表示できる情報量の多い「インフォグラフ」「インフォグラフ モジュラー」などより、数字だけといったシンプルなデザインのウォッチフェイスのほうがバッテリー時間が長くなる傾向にあるようです。当然、常時点灯をオフにすればバッテリー時間はのびますが、それではSeries 5の魅力が半減してしまうので得策ではありません。

おすすめ機能紹介

最後に、Apple Watchを使用するうえで活用したい便利機能を紹介したいと思います。

常時点灯になったことで、映画館など画面を点灯させたくない場面ではどうすればいいのか気になっている人もいると思います。その場合は「シアターモード」を活用しましょう。シアターモードに切り替えると画面が消灯し、操作しない限りは画面が点灯しないため暗闇の中でも画面が光って目立つことはありません。

No image

「シアターモード」

設定するには、Apple Watchの画面をスワイプアップしてコントロールセンターを表示し、お面が2つ並んでいるようなアイコンをタップするとシアターモードに切り替わります。モード中でも通知が届くものの、画面は消灯したままで腕を上げても点灯することはありません。

2台あるApple Watchを簡単に切り替えられる

No image

TPOにあわせてApple Watchの付け替えが可能

新しいモデルに買い換えた際など旧端末と複数台持っている場合は、iPhoneでWatchアプリから簡単に切り替えられます。例えばスポーツをするときはアルミニウムケースを、出掛ける際のファッション用にはステンレススチールをそれぞれ自由に切り替えて使うことができます。

なお、「自動切替」がオンになっていればApple Watchを装着時に自動的に切り替えられる上、端末を切り替えて使用してもアクティビティ情報は共有されて自動的に反映されます。

Apple WatchでMacのロックを自動で解除する

特に新しい機能ではありませんが、Macユーザーなら起動時のロック解除をApple Watchからできる便利機能が使えます。基本的にロックをかけたMacを解除するには、パスコード入力もしくはTouch IDによる解除が必要になりますが、Apple Watchがあれば装着しているだけで自動解除できるようになります。

自動解除を設定するには、Macで「システム環境設定」⇒「セキュリティとプライバシー」をクリックし、一般タブから「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」にチェックを入れて初期設定をすすめると利用できるようになります。以降、Macがスリープから復帰した際のパスワード入力が不要になり自動でログインできるようになります。

No image

Apple WatchでMacのロックを自動解除できる

Apple Watchは、現モデルでかなり成熟した感があり操作性も初代と比べて劇的な進化を遂げています。また、心拍計測や新機能のノイズなど、各機能の精度も高いのでバッテリー時間さえ許容できれば十分に役に立つデバイスだと思います。

ただ、Series 4からの買い換えに関しては、バッテリー時間の短縮、コンパス、常時点灯くらいしか大きな変化はないため、あまり推奨できないと筆者は考えます。それでも常時点灯機能を一度使ってしまうと、もう旧モデルには戻れなくなるでしょう。

No image

常時点灯はオフにできる

■関連サイト

アップル

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
利用中のサブスクリプションサービスを確認するには? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
もし、AirPodsが1つの会社だったら。企業価値は全米32位の大企業に匹敵
16インチMacBook Pro、最高性能カスタマイズモデルは約72万円
Apple、Mac ProとPro Display XDRを12月に発売
知ってた? iPhoneの「メッセージ」はツツーッっとスワイプしつつ下にスクロールしながら延々と選択可能! 「メール」でも同様に選択可!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加