西武源田「痛くはなかった」初の頭部死球も交代せず

西武源田「痛くはなかった」初の頭部死球も交代せず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/18
No image

3回裏西武1死一塁、源田は死球を受ける(撮影・佐藤翔太)

<西武2-7日本ハム>◇17日◇東京ドーム

西武源田壮亮内野手がプロ入り後、初の頭部死球を受けた。交代せず出場を続けた。

3回1死一塁、日本ハム上沢に2ストライクと追い込まれた3球目が、頭部右前を直撃した。後ろに倒れ込んだが、すぐに自力で立ち上がりベンチ裏へ引き揚げた。脳振とうの症状が無いことを確認した後に一塁走者として戻り、ファンから拍手がわき上がった。「(ボールが)当たったなとは思ったけど、痛くはなかった。大丈夫です」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島・岡田、野手に感謝「勝たせてもらった」 7回5失点も3勝目
「4番・大谷」技あり打!変則右腕クエトに“三度目の正直”
“世界一”アストロズは大谷翔平を日ハム時代映像まで使い丸裸にしていた
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
『大谷翔平』日米で女性人気に火が付いた!可愛い、母性本能が刺激される・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加