プロ注目の日体大・東妻、好救援9奪三振/神宮大会

プロ注目の日体大・東妻、好救援9奪三振/神宮大会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

明治神宮野球大会準々決勝(13日、日体大7-1九州共立大=延長十回タイブレーク、神宮)七回から登板した来秋のドラフト候補右腕・東妻(あづま)が、自己最速にあと1キロの151キロを計測するなど、3回2/3を無失点と好救援。9三振を奪い「いつも通り腕を振って投げたら、結果的に三振が増えた。真っすぐが走っていた」と白い歯をのぞかせた。14日の準決勝の相手は東洋大。「高い壁が2つある。1試合1試合、全力を出したい」と言葉に力を込めた。

No image

試合に勝利し、グラブを挙げる日体大・東妻勇輔=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ左腕チェン韓国戦で先制点許して降板、6回途中1失点快投も援護なし
阪神・金本監督、衝撃“走った”!D1・馬場にジャイアントな刺激
メジャー挑戦の涌井が大谷代理人所属の最大手と契約
阪神・江越、スイッチヒッターへ「可能性が広がるのなら挑戦したい」
オリックス、FAの阪神・大和と交渉!福良監督駆けつけ熱くアピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加