井上岳志 8回TKO勝ちで初防衛に成功「最後は気持ちで」

井上岳志 8回TKO勝ちで初防衛に成功「最後は気持ちで」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/10

ボクシングの日本スーパーウエルター級タイトルマッチ10回戦は10日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・井上岳志(27=ワールドスポーツ)が同級1位の挑戦者・長浜陸(25=白井具志堅)に8回1分52秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。井上はプロデビューから12戦無敗(11勝6KO1引き分け)、タイトル初挑戦だった長浜はプロ初黒星で7勝3KO1敗1分け。

No image

日本スーパーウエルター級王座の初防衛に成功した井上岳志

ともにパワーパンチを狙う中、1回の中盤から井上の右が長浜の顔面を捉え始めた。ノーモーション気味に打ち込む強烈な右を軸にワンツー、ボディーから上へ返すコンビネーションで挑戦者を後退させ、接近戦でアッパーを繰り出すなどペースを握った。ローブローの注意やバッティングでやや集中力を欠いた場面もあったが、セコンドからのゴーサインを受けた8回、一気にラッシュ。タフで粘り強い長浜をロープに追い込んで右を何度も打ち込み、レフェリーストップを呼び込んだ。

井上は「想像以上にパワーがあって、タフな選手で強かった」と長浜を称え、「最後は気持ちでTKOできてうれしい」と話した。次回も指名挑戦者を迎えての防衛戦が予想されるが、「機会があれば東洋太平洋、WBOアジアパシフィック、世界へ向けてどんどん挑戦していきたい」と意気込みを述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タオル投入批判に「外野は黙ってろ!!」 山中慎介のTKO負けで
悔しい...山中 ネリのパンチは効かず「大したことない」
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
「まだやれる思いあった」=山中との一問一答-ボクシング世界戦
帝拳・本田会長怒り心頭「最悪のストップ」タオル投入の判断に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加