酒井宏、決勝点の“起点”に「しっかり結果出したかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

◇欧州リーグ1次リーグ第1節 I組 マルセイユ1―0コンヤスポル(2017年9月14日)

マルセイユの日本代表DF酒井宏が決勝点の“起点”となった。

左サイドから中に切り込んで中央のパイエにパス。パイエのシュートから獲得した左CKで後半3分に得点が生まれた。同20分にはGKと1対1になりシュート。強さが足りずに阻まれ「凄くいいボールだったし、完璧なトラップだった。ああいうところは決めないと」と頭を抱えたが、見せ場をつくった。

10日のレンヌ戦は先発も前半途中に交代。「今回はアシストやゴールなどでしっかり結果を出したかった」と果敢な姿勢を貫いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミス・アース日本代表、斎藤恭代さんー駐日フィリピン大使を表敬訪問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加