新日本・アーチャー&スミスJr.復活!IWGPタッグ戦後に乱入し王座奪回宣言

新日本・アーチャー&スミスJr.復活!IWGPタッグ戦後に乱入し王座奪回宣言

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

試合後に乱入したデイビーボーイ・スミスJr(左)とランス・アーチャー=両国国技館

「プロレス・新日本」(13日、両国国技館)

腰椎椎間板ヘルニアで2月から欠場していたランス・アーチャーとデイビーボーイ・スミスJr.のタッグ“KES”がリングに現れ、IWGP王座奪回を宣言した。

この日、同王者のハンソン、レイモンド・ロウ組の“ウォーマシン”がハングマン・ペイジ、Cody組の挑戦を退けて初防衛に成功。その直後、タマ・トンガ、タンガ・ロア組の“ゲリラ・オブ・デスティニー”(GOD)がリングに上がり、王座挑戦をアピールした。

そこにアーチャーとスミスJr.が突如現れ、ロウを合体技キラーボムで爆殺するなど4人を蹴散らす大暴れを見せて挑戦を要求。2人は花道を引き上げると、「6カ月待ったんだ。IWGPタッグ王座のベルトはKESの腰に巻かれるんだ!」と鼻息荒く王座奪回を宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハチミツ二郎が挑戦状 10・7大仁田と電流爆破デスマッチ “爆死”上等!
村田“世紀の一戦”を予想「メイウェザーがKOしなきゃダメ」
ハチミツ二郎「ぶん殴りたい」大仁田と有刺鉄線マッチ決定
長谷川穂積氏、山中世界戦のタオル投入を肯定「遅いよりも絶対、早い方がいい」
さらばヨネクラジム!「日本の名門」が閉鎖を決めるまで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加