“トッティ効果”は絶大! ローマが6シーズンぶりにメインスポンサー獲得か

“トッティ効果”は絶大! ローマが6シーズンぶりにメインスポンサー獲得か

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/12/07
No image

ローマのディレクターとして活躍するトッティ氏 [写真]=NurPhoto via Getty Images

昨シーズン限りで現役を退いた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、古巣ローマのディレクターとして大仕事を果たしそうだ。5日付のイタリアメディア『プレミアム・スポーツHD』が報じている。

2012-13シーズン以降、クラブの価値を示すとも言えるメインスポンサーを欠くローマのユニフォームには、企業名などが一切見当たらない。しかし同メディアよると、ローマが「ターキッシュ エアラインズ(旧トルコ航空)」とのメインスポンサー契約を間近に控えているとのことだ。

契約金は700~800万ユーロ(約9~10億円)の模様で、同社がトッティ氏本人からのメッセージビデオを観た後に、交渉が大きく前進した模様。「王子」の影響力はピッチを離れた今も健在のようだ。

2020-21シーズンに向けて新スタジアムを建設中のローマは、セリエAでは首位インテルと勝ち点5差の4位。さらに、今週行われたチャンピオンズリーグ(CL)では、グループステージを首位で通過したことから、契約開始時期はCLの決勝トーナメントが始まる来年2月を視野に入れているようだ。

CLでの好成績とメインスポンサー獲得が実現すれば、経済面でクラブが潤い選手強化につながることは確実。ローマが急成長を遂げるには、レジェンドであるトッティ氏の存在が欠かせないようだ。

(記事/Footmedia)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガットゥーゾ新監督が待望の初勝利!ボナベントゥーラ2発でミランは4試合ぶりの白星
大迫所属ケルン、2部降格は不可避? 新取締役「奇跡が起きなければ...」
本田がクラブW杯初出場&勝利に持論を展開 「こんなに内容がどうでもいい大会はない」
アーセナルが最後の一押し...エジル残留に向けて新オファー提示へ
CL バルサ不運な抽選結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加