DeNA・ラミレス監督、無死満塁で無得点を嘆く「点を取らないと相手が勢いづく」

DeNA・ラミレス監督、無死満塁で無得点を嘆く「点を取らないと相手が勢いづく」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

(セ・リーグ、広島5-4DeNA、23回戦、DeNA12勝11敗、14日、マツダ)DeNAが広島に競り負けた。3-4の七回に柴田の犠飛で同点に追いつき、さらに八回。広島の3番手・今村を攻めて、ロペス、宮崎の連続安打と梶谷の四球で無死満塁の絶好機を迎えた。しかし代打・乙坂は二ゴロで三走が本塁で封殺。続く代打・後藤は空振り三振に倒れ、倉本はいい当たりだったが遊直で無得点だった。

するとその裏にDeNAの3番手で登板したエスコバーが2連打で無死一、三塁とされて交代。続くパットンは一死満塁からバティスタに右犠飛を許し、勝ち越し点を奪われた。

DeNAは九回にも一死一、二塁としたが、この日3安打を放っていた4番のロペスが投ゴロ併殺で試合終了となった。ラミレス監督は「八、九回とチャンスを作った。特に無死満塁で点を取らないと、相手が勢いづいて点を取られることが多い。実際にそうなってしまった」と厳しい表情だった。

代打の起用については「今、当たっている乙坂とチャンスで打てる後藤という順番を選択した」と説明した。後藤は「外野フライ一本も打てないとは情けないです。(高めの)初球を打ち損じた(ファウル)のが痛かった」と反省していた。

No image

3回、左適時二塁打を放つDeNA・ロペス=マツダスタジアム(撮影・山田俊介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトバンク追い風? 清宮、王会長と師弟関係に似た空気感
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
ロッテ井口監督に一本化、3年基本の複数年提示へ
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
【中村和久の目】清宮1位指名8、9球団か 残りは社会人の単独指名画策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加