ブライアン・シンガー監督、フレディ・マーキュリー伝記映画から解雇

ブライアン・シンガー監督、フレディ・マーキュリー伝記映画から解雇

  • 映画.com
  • 更新日:2017/12/06
No image

現場放棄を理由に解雇された ブライアン・シンガー監督 写真:picture alliance/アフロ

フレディ・マーキュリーの伝記映画を製作する米20世紀フォックスが、「職業倫理に反する行動」を理由にブライアン・シンガー監督が解雇をしたと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

「ボヘミアン・ラプソディ(原題)」はイギリスの伝説的なロックバンド「クイーン」を題材にした伝記映画で、ボーカルのフレディ・マーキュリー役をラミ・マレック(「Mr. Robot」)が演じる注目作。「X-MEN」シリーズのシンガー監督のもと、イギリスで順調に撮影が行われていたかに見えたが、フォックスは12月1日に撮影の一時中断を発表。当初はシンガー監督の健康問題だと思われていたが、実際には現場放棄が原因であることが明らかになった。

関係者によると、シンガー監督は無断で撮影を休むようになり、これを理由に主演のレミ・マレックと対立。あるときは激しい口論となり、シンガー監督がマレックに対して何かを投げつけたという。また、マネジャー役を務めていたトム・ホランダー(「スパイダーマン:ホームカミング」)もシンガー監督の無責任な行動を理由に降板したものの、説得されて現場に戻ったという。決定的だったのは、感謝祭の休暇明けにシンガー監督がイギリスの撮影現場に戻らなかったことだ。

撮影監督のニュートン・トーマス・サイジェルが代理で演出を手がけていたものの、3日連続で現場放棄をした時点で、フォックスは撮影中断を決定。シンガー監督はこれまでにも無責任な行動を取った過去があるため、同社は「ボヘミアン・ラプソディ(原題)」の製作開始前に警告していたという。同作の撮影はあと2週間ほど残っているため、代理監督を見つけ、予定通り2018年12月の公開を目指すという。

一方、今回の解雇を受けて、シンガー監督は声明を発表。病気の母親を看病するために撮影延期を求めたものの、フォックスに聞き入れてもらえなかったとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファンとして実写化に思うこと『鋼の錬金術師』本田翼インタビュー
12月10日の注目映画第1位は『DESTINY 鎌倉ものがたり』
高橋一生×吉田羊×東出昌大『空海』吹替キャストが超豪華!
「ヒロアカ」初の映画化!原作者総監修・2018年夏公開へ
『パーティで女の子に話しかけるには』1977年が舞台の理由と意外な元ネタ映画とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加