映画『キングダム』は“山崎賢人ありき”の作品だった? 佐藤信介監督の“ぶっちゃけ”が話題

映画『キングダム』は“山崎賢人ありき”の作品だった? 佐藤信介監督の“ぶっちゃけ”が話題

  • おたぽる
  • 更新日:2019/04/21
No image

映画『キングダム』公式サイトより

4月19日から公開中の映画『キングダム』がさっそく荒れている。原泰久の大ヒット漫画が原作の同作だが、主演の山崎賢人“ありき”で制作されていたことが判明。「キャストありきの企画ってどうなの?」といった怒りの声が上がっている。

『キングダム』は春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す戦災孤児の少年・信と、後に始皇帝となる秦の若き王・エイ政の活躍を描いた作品。キャストは信を演じる山崎賢人をはじめ、エイ政・漂役の吉沢亮、河了貂役の橋本環奈といった、オール日本人。

中国の歴史モノをオール日本人キャストで制作すること、加え話題性重視ともいえるキャスティングには、前々から「キングダムを日本人キャストでやるのか……」「日本人キャストって固めるってどうなの?」といった懐柔的な声が上がっていた。

そんな中、佐藤信介監督が16日、都内で行われた映画『キングダム』の日本外国特派員協会会見に出席。山崎賢人の起用について、「事実を言うと、山崎賢人が出演することは僕のチョイスではなく、プロデューサーが決定していたこと。『山崎賢人をこれでやる』というプロジェクトだったので……」と明かしてしまったのだ。

映画『キングダム』が作品ありきではなく、俳優ありきのプロジェクトだったと判明してしまい、ネットでは「プロデューサーゴリ押しの山崎ありきかよ」「まーたキャストありきの映画か」と呆れの声が続出。また、佐藤監督の“暴露”ともとれる発言に「これ言っちゃっていいことなのかね」「こんなにぶっちゃけて大丈夫?」と驚きの声も上がっている。

佐藤監督は、この会見で「結局のところ、シナリオを作る時に映画として良くなることを考えなくてはいけない。漫画の通りに描こうというプレッシャーはない」「原作ファンが期待していることを考えているのではなく、自身のすばらしかった映画体験を頭に起きながら、ひとつオリジナル映画を作る気持ちでやっています」とも発言。『GANTZ』や『BLEACH』といった実写化作品で知られる佐藤監督だが、原作を重視してないような発言には「こういう自分の作品にしようとする監督1番嫌い」「じゃあ原作いらないじゃん」という怒りの声が上がっている。

実際、劇場に足を運んだ人からは評価の声がちらほら上がっている『キングダム』。名実共に大ヒットとなるのか、それとも大コケになるのか、注目を集めそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今夏はアナ雪! ディズニーの大人気目隠しダイニングが再演
「空母いぶき」騒動:左右の脊髄反射に違和感
救世主、殺し屋、暴走科学者!キアヌ・リーヴスの役柄が壮絶すぎ
どういう脳ミソしてるんだ!?右手と左手で同時に異なる絵を描く技を披露するオランダ人アーティスト
田中圭・斎藤工を見いだしたBL映画プロデューサーに聞く、次にブレークする俳優
  • このエントリーをはてなブックマークに追加