最新ランキングをチェックしよう
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<相撲篇/葬られた「確執」>(1)北の富士「横綱昇進ヤラセ告発」で関係者が急死

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<相撲篇/葬られた「確執」>(1)北の富士「横綱昇進ヤラセ告発」で関係者が急死

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2016/10/18

 大相撲を揺るがせた最大のスキャンダル──。八百長告発をした親方と後援者が同じ日、同じ病院、同じ病名で死亡した「疑惑の事件」である。 事件の原因となった大鳴戸親方(元関脇・高鐵山)の八百長告発は、週刊ポスト誌上で96年に連載され、「元大鳴戸親方 相撲協会一刀両断」のタイトルで、単行本としても発売された。 その書き出しからして衝撃的である。〈料亭「おきみ」に一同が会したのはそれなりの理由があった。前

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横綱史上初、稀勢の里が「北斗の拳」化粧まわし
稀勢、ラオウと土俵入り!「北斗の拳」三つぞろい化粧まわし制作
「北斗の拳」稀勢の里がラオウの化粧まわしで土俵入り 大相撲5月場所にて
豪栄道、春巡業で12戦10勝「もう一度優勝を」
横綱稀勢の里、5月場所初日にラオウの化粧まわしで土俵入り 北斗の拳×大相撲のコラボが実現
  • このエントリーをはてなブックマークに追加