スコセッシ監督「沈黙-サイレンス-」会見でしゃべりすぎちゃった

スコセッシ監督「沈黙-サイレンス-」会見でしゃべりすぎちゃった

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/20
No image

作家の故遠藤周作氏の代表作をハリウッドで映画化した「沈黙-サイレンス-」(来年1月21日公開)の会見が19日、都内で行われ、巨匠マーティン・スコセッシ監督(73)、俳優の窪塚洋介(37)、浅野忠信(42)が“沈黙”を破った。

江戸初期の長崎を舞台に、キリシタン弾圧の中で棄教を迫られる人々の姿が鮮烈な映像と共に描かれる。世界初公開となる未完成の本編映像が15分間だけ解禁され、海にはりつけとなり激しい波にさらされる塚本晋也(56)や、全身泥だらけで両腕を縛られた小松菜奈(20)、加瀬亮(41)ら日本人キャストが明らかとなった。

1988年に原作を読み、20年近くかけて脚本を完成、構想28年で製作にこぎ着けたスコセッシ監督は「テーマは異文化の違い、衝突」と熱弁。「しゃべりすぎかな」とちゃめっ気たっぷりだった。

窪塚と浅野はオーディションで抜てき。踏み絵に屈するキチジローを演じた窪塚は「監督はキレイなスーツで来られて、汚い酒場での撮影なのに座り込んで演出されていた。情熱の氷山の一角。メラメラな人なんだなと思った」と打ち明け話。スコセッシ監督は窪塚の起用について「新鮮な解釈を与えたいと思った。大丈夫だと確信した」と明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新木優子、中島裕翔との“キス”エピソードを語る 直前の食事がカレーで「すぐに歯磨きしなきゃ!」
西銘駿、ライダー卒業も復活宣言「レジェンドとして帰ってきたい」
乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』で思わず涙したシーンとは?
新木優子、中島裕翔とのキスシーンはカレーの直後!?
『新宿スワンII』綾野剛VS浅野忠信 壮絶アクションシーンに期待
  • このエントリーをはてなブックマークに追加