南野に続いて伊東が2戦連発!泥臭い一撃でパナマから追加点を奪取

南野に続いて伊東が2戦連発!泥臭い一撃でパナマから追加点を奪取

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/10/12
No image

先月のコスタリカ戦に続いてネットを揺らした伊東。得点以外でもまずまずの動きを見せている。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

国際親善試合の日本代表対パナマ代表は10月12日、新潟のデンカビッグスワンスタジアムで19時35分にキックオフされた。

日本は森保ジャパン初招集となった吉田麻也や長友佑都がベンチとなったが、この試合が三竿健斗や代表デビュー戦となる冨安健洋といった若手を先発に抜擢。GKには権田修一、最終ラインは右から室屋成、冨安、槙野智章、佐々木翔を起用。ボランチは青山敏弘と三竿、2列目は左に原口元気、右に伊東純也、前線は大迫勇也と南野拓実のコンビとなり、森保ジャパンの初陣となった先月のコスタリカ戦同様に4-4-2のシステムが採用された。
序盤から押し気味に試合を進めた日本は、42分に青山敏弘のスルーパスから南野拓実が左足で先制点を奪取。1点リードで折り返した後半も攻め立てると、65分だ。

南野が仕掛けると、伊東がペナルティエリア内でシュート。惜しくもこれはブロックされるが、こぼれ球を自ら押し込んで日本に2点目をもたらした。

これで伊東は南野に続いて先月のコスタリカ戦から2戦連発。きっちり仕事をこなし、森保一監督の先発起用に応えた。

残された時間は15分ほど。このまま日本は勝利を収められるだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「日本にあまりいなかったタイプ」 司令塔・柴崎岳の目に”新ビック3”はどう映ったのか
「日韓の違いは...」ウルグアイの老将が東アジアの2チームを比較
日本代表vsウルグアイ!壮絶試合の「全7ゴール」を動画で見る!
「アジア勢に屈辱の連敗」「日本の素早さの前に...」森保ジャパンに敗れたウルグアイ代表を母国紙が辛辣批判!
「日本代表のスピードとテクに圧倒された」ウルグアイメディアが脱帽!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加