サカナクション山口「僕には絶対書けない」古舘佑太郎が描く歌詞の世界

サカナクション山口「僕には絶対書けない」古舘佑太郎が描く歌詞の世界

  • TOKYO FM
  • 更新日:2017/10/19
No image

サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。2017年に結成されたバンド・“2”のボーカル、ギターをつとめ、俳優としても活躍している古舘佑太郎さんをゲストに迎えスペシャル対談を行いました。古舘さんが無期限活動休止したThe SALOVERSで活動していた時から交流のある2人。今回は新バンド“2”結成のきっかけを聞きました。

(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」10月12日(木)放送分)

No image

山口:今夜は先週に引き続き、新バンド“2”を結成した、古舘佑太郎君を迎えてお届けしていきます。10月4日にファーストアルバム『VIRGIN』をリリースしましたけど、The SALOVERSが活動休止になって役者をやって……もう1回組んだこの2はどんなバンドですか?

古舘:メンバーそれぞれが1度やっていたバンドが終わってしまって、そのタイミングで集まった4人ですね。だから全員が2回目のバンドです。

山口:全員が2回目のバンドで、バンド名が“2”……なるほどね。それぞれ何ていうバンドをやっていたの?

古舘:ギターとベースは同じバンドで、“ポニーテールスクライム”っていうバンドをやっていて、ドラムの子は北海道で“瞑想し、帰する。”っていうバンドをやっていました。

山口:北海道の子なんだ。ドラムは女の子なんだね。どういうきっかけで出会ったの?

古舘:まずポニーテールスクライムは僕の1コ下のバンドで、10代の頃に同じライブハウスにずっと出ていて後輩みたいな感じだったんです。僕がソロをやるタイミングで、ポニーテールスクライムのギターのP助(加藤綾太)に「ちょっとを手伝ってくれないか」って声をかけたらギターで参加してくれて。その中で彼とバンドをやりたいなって思って、その時にバンド名“2”が決まりました。

僕がソロをやっていた頃、いろんな同性代のミュージシャンの子と知り合いたいなと思って、結構いろんなライブに行ったり声をかけたりしていたんです。その中で、ドラムのyuccoと対バンしたことがあって。ライブを観ていてめちゃくちゃドラムが良くて……そしたら、サポートメンバーだって聞いて、じゃあちょっと声をかけてみようってことで声をかけて。で、ベースが決まっていなかったんで、ポニーテールスクライムの赤坂(真之介)は僕も元々知っていたので、彼だったら一緒にやりたいなって思って彼を呼び出して、しゃべって、誘って……決まりました。

No image

山口:へー。

古舘:で、一応スタジオに入ろうってなったんですけど課題曲がないので、「The SALOVERSの曲を練習してきて」って送ったりして、スタジオに入って音を鳴らした瞬間に、僕とP助の中では、「これだ!」ってなって。

山口:へ~、なんか懐かしいなその感じ……。いいなー。

古舘:はい。それは僕もやりながら昔を思い出したというか……中学生、高校生の感じに近いものを感じました。

――ここで、2の「Family」をオンエア

【2 - Family (Official Music Video)】

山口:僕ね、この曲の歌詞がすごく好きなんですよ。

古舘:本当ですか。

山口:昔の古舘くんなら絶対に書かない……。

古舘:絶対に書かないですね、これは(笑)。

山口:絶っっ対に書かない歌詞だなって思って。だからこれを聴いた時に、「ふっきれたんだなー」って思ったし、ある種かっこつけ方を変えたんだなって思ったんだよね。

古舘:あー……本当にそうですね。この曲に関しては自分の中では新しいというか……。書いている時も、自分が書いている感じがしなかったです。勝手に進んじゃう……みたいな。

山口:でも昔の悶々とした、鬱屈した……東京の未成年っていうかさ。そういう世界観から、いい形で大人になったんだなっていう風に思ったね。すごくいいなって思うし、僕には絶対に書けないなって思う。このアルバムを聴いて友達だからとか後輩だからとかじゃなくて、本当にたくさんの人に2のことを知ってもらいたいって率直に思うのよ。

古舘:本当ですか……嬉しいです。

山口:後で印税くれとかは言わない(笑)。

古舘:(笑)。僕、こうやってバンドに戻ってこられたのも……、一郎さんと出会ってよくお会いするようになった期間って、僕にとって一番何もできていない自分に満足できていない時期だったので、その時期に一郎さんとしょっちゅう会えていたっていうのは……一郎さんの前だからとかじゃなく、かなり自分の中で大きいと思うんです。

山口:いやー……嬉しいけどね、そう言ってくれるの。

古舘:だから、どこか今でも自分がバンドを組んだ以上、自分は諦めていたけど……諦めかけていたけど、やっぱりいろんな自分の曲を聴いてもらいたいし、もっともっとライブに来てほしいなって。そこをもう1回向き合った今は、どこか自分が成長できて大きくなった時に、自分も後輩のことも考えられるようになりたいなって思えて。だからこそ自分も頑張ろうっていう風に思いました。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年10月20日AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月~木曜 22:00~23:55
金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒http://www.tfm.co.jp/lock/

<今後の予定>
10/16(月)~10/20(金)「SCHOOL OF LOCK!」12周年大感謝祭WEEK
10/16(月) RADWIMPS 初のLIVEアルバムから未解禁曲を初オンエア
10/17(火) Aqoursが生出演
10/18(水) 欅坂46が生出演
10/19(木) TWICEが生出演

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤巻亮太、アルバム『北極星』収録の“優しい星”が多部未華子出演のCM楽曲に
バニラビーンズが野宮真貴&カジヒデキ キュレーションの「渋谷音楽祭」に出演!
鈴木貴男のTENNIS TALK第4弾
藤巻亮太、ニューアルバム収録曲「優しい星」が多部未華子出演の三井アウトレットパークのTVCM曲に
藤巻亮太「優しい星」が多部未華子のショッピングシーンを彩る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加