最新ランキングをチェックしよう
便のにおいで大腸の病気を診断! 鼻マシーン「Moosy 32 eNose」開発中

便のにおいで大腸の病気を診断! 鼻マシーン「Moosy 32 eNose」開発中

  • Techable
  • 更新日:2018/01/14

尿のにおいでがんを発見する「がん探知犬」がいる。これは、がん患者の尿に特有のにおいがあり、嗅覚が鋭いイヌにその判定をしてもらうというもの。
これと同様の働きを機械にさせようという試みが、スペインで進められている。便のにおいでクローン病と大腸炎を識別する「Moosy 32 eNose」だ。
・精度90%、深刻さも判断
ポリテクニック大学などの研究チームが、すでに445の便のサンプルで試験を実施した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
腰を抜かすサイズ...かつて地球上に存在した巨大動物10種
高橋ユウ、K-1ファイターの彼氏からの公開プロポーズに号泣!
“日本一エロいグラドル”森咲智美、迫力バストあらわ 妄想広がる大胆カット解禁
なぜ小学校のプールの水は毒性のある「塩素」を入れているのか?
「タバコのほうがショック...」 土屋太鳳・北村匠海、Wデート報道も“別の問題”が浮き彫りに?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加