真中氏、巨人・増田の走塁に「絶対にアウトになっては...」

真中氏、巨人・増田の走塁に「絶対にアウトになっては...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2019/10/23
No image

9回巨人一死一塁、打者ゲレーロのとき、暴投で代走増田大が三塁を狙うがタッチアウト。三塁手松田宣=東京ドーム(C)Kyodo News

SMBC日本シリーズ2019・第3戦
● 巨人 2 - 6 ソフトバンク ○
<10月22日 東京ドーム>

22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第3戦 巨人-ソフトバンク』で解説を務めた真中満氏は、巨人・増田大輝の走塁に苦言を呈した。

増田は、2-6の9回無死走者なしから安打を放った阿部慎之助の代走で登場。一死一塁からゲレーロの初球が暴投となると、三塁ベンチ方向にボールが転々としている間に一気に三塁を狙うもタッチアウトとなった。

この走塁に真中氏は「点差が4点ありましたので、セカンドにいようがサードにいようが正直関係ないんですよね。絶対にアウトになってはいけないプレーですね。ボーンヘッドに近いと言われてもしょうがないプレーですね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
原監督が美馬に直接出馬「一緒にやろうということ」
中日、球団フロント陣に批判殺到 リリーフ・祖父江の“冷遇”に「評価基準が知りたい」ダルビッシュも疑問
侍ジャパンがスーパーラウンド3勝目 4位以上確定
新庄剛志氏が現役復帰を宣言「もう1回プロ選手に」
『とんねるず』石橋貴明の“老化”に悲しみ「ちょっと見ないうちに...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加