83年の生涯を閉じた海老一染之助さんに悲しみの声

  • リアルライブ
  • 更新日:2017/12/07

12月6日、海老一染太郎さんとのコンビで一世を風靡した海老一染之助さんが、都内の病院で83歳で亡くなったことが判明。芸能関係者やかつてのファンから、悲しみの声が相次いでいる。

染之助さんは兄である海老一染太郎さんと「お染めブラザーズ」を結成。江戸時代から伝わる伝統芸能「太神楽曲芸」を武器に、傘で「まり」やサッカーボールなどあらゆるものを回し、「おめでとうございます!」と叫ぶ芸で人気を博した。

とくに、正月には欠かせない存在で、各局に引っ張りだこ。その姿を見ない日はないといわれるほど。染之助さんは曲芸担当で、兄である染太郎さんは「喋り」担当。その掛け合いも人気の秘密だった。

そんな染之助・染太郎さんだったが、2002年に兄である染太郎さんが他界。相棒を失った染之助さんは、1人で芸人を継続し、江戸の伝統芸能を守り続けた。

ところが、近年は高齢となったこともあり、体力の衰えから事実上引退状態。3年ほど前から体調を崩していたそうで、入退院を繰り返していたという。

長年「正月の顔」として活躍してきた染之助さんに、ネットからも「寂しい」「昭和がまた終わった」「ショックだ」などと惜しむ声が続出している。

「染之助・染太郎さんは、太神楽曲芸にコミカルな喋りを入れた芸で、長年伝統芸能を守り続けてきました。海外公演でも高い評価を受けていますし、その功績は大きいと思います。長年走り続けてきた染之助さんの死は残念ですが、ゆっくり休んでほしいですね」(芸能関係者)

今頃、あの世で復活した染太郎・染之助さんが「おめでとうございます」と叫びながら、芸を披露しているかもしれない。ご冥福をお祈りする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
辻希美、新しい“家族”の誕生と別れをつづる
イチロー、面識ないのに...ベッキー心配で会いに来た
太川陽介の妻・藤吉久美子が“路線バス不倫”!
何があった!「平野綾」がFNS歌謡祭で「ハレ晴レユカイ」をキレッキレで踊りすぎてファンがざわつく!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加