最新ランキングをチェックしよう
元バルサDFマルケスが麻薬密売組織「看板役」独自制裁対象に

元バルサDFマルケスが麻薬密売組織「看板役」独自制裁対象に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

メキシコ代表主将でメキシコ1部アトラスに所属するDFラファエル・マルケス(38)がメキシコ麻薬密売組織の「看板役」を担っているとして米財務省は9日、米独自制裁の対象に指定したと発表。米国内の資産凍結や米企業との取引停止が科される。

メキシコ1部アトラスのメキシコ代表主将DFラファエル・マルケス

 マルケスは03~10年にバルセロナで活躍し、代表ではW杯に02年から4大会連続で出場しているスタ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カーリング女子日本のおやつタイムが「かわいすぎ」 試合途中の映像に釘付けになる人続出
複合ドイツ勢「黒い三連星」とネット沸騰...渡部暁斗にジェットストリームアタック!
ロシアのカーリング選手が故意のドーピングを否定、陽性に「ショック」
衣装がはだけたハプニングに「ひどく責任を感じる」、仏ペアのデザイナー
「ベイルが出場すれば1億5000万円」。中国がウェールズを招待した契約が明らかに

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加