元バルサDFマルケスが麻薬密売組織「看板役」独自制裁対象に

元バルサDFマルケスが麻薬密売組織「看板役」独自制裁対象に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

メキシコ代表主将でメキシコ1部アトラスに所属するDFラファエル・マルケス(38)がメキシコ麻薬密売組織の「看板役」を担っているとして米財務省は9日、米独自制裁の対象に指定したと発表。米国内の資産凍結や米企業との取引停止が科される。

No image

メキシコ1部アトラスのメキシコ代表主将DFラファエル・マルケス

マルケスは03~10年にバルセロナで活躍し、代表ではW杯に02年から4大会連続で出場しているスター選手。本人は9日に会見し容疑を全面否定したが、財務省は麻薬密売組織のリーダーと長年付き合いがあり、組織の資産を預かっていると指摘している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長友が移籍報道について言及「どんな場所でも自分にできる精一杯の努力を積み重ねるだけ」
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
東京MF中島翔哉、ポルトガル1部へ移籍決定的
「これは敵わん」と稲本潤一を脱帽させた、ふたりのスーパーレジェンド
去就注目の長友、移籍報道に言及「求めてくれる場所で感謝を胸に戦う」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加