最新ランキングをチェックしよう
『斉木楠雄のΨ難』麻生周一、宣言通り連載中に読み切りを執筆! 「もーこりごりだ!」と悲鳴もファンは大喜び!

『斉木楠雄のΨ難』麻生周一、宣言通り連載中に読み切りを執筆! 「もーこりごりだ!」と悲鳴もファンは大喜び!

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/08/12

『週刊少年ジャンプ』36・37合併号(集英社)
 2017年8月7日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』36・37合併号で、『斉木楠雄のΨ難』の作者・麻生周一が久々に読み切り漫画を掲載。この新作ギャグ読み切りが「最高にくだらなくておもしろい」「麻生ワールド全開のギャグで面白かった」と好評を得ている。
 漫画のタイトルは「青少年有害環境規制法」。舞台は2047年、グロ、エロはもちろん、テレビゲーム

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2018年1月23日:本日発売のコミック新刊
第63回小学館漫画賞に「空母いぶき」「恋雨」「ふりふら」など5作品
スナイパーJKの雑談描く4コマ「一方その頃スナイパー女子高生は」が単行本に
金田一“元少年”、中年になって復活! スピンオフではない「金田一37歳の事件簿」連載開始
『電子コミック大賞2018』大賞作品は『かわいいひと』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加