最新ランキングをチェックしよう
『斉木楠雄のΨ難』麻生周一、宣言通り連載中に読み切りを執筆! 「もーこりごりだ!」と悲鳴もファンは大喜び!

『斉木楠雄のΨ難』麻生周一、宣言通り連載中に読み切りを執筆! 「もーこりごりだ!」と悲鳴もファンは大喜び!

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/08/12

『週刊少年ジャンプ』36・37合併号(集英社)
 2017年8月7日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』36・37合併号で、『斉木楠雄のΨ難』の作者・麻生周一が久々に読み切り漫画を掲載。この新作ギャグ読み切りが「最高にくだらなくておもしろい」「麻生ワールド全開のギャグで面白かった」と好評を得ている。
 漫画のタイトルは「青少年有害環境規制法」。舞台は2047年、グロ、エロはもちろん、テレビゲーム

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
草刈正雄の長女・紅蘭に妊娠報道 祝福の声の中「結婚してませんよね?」の反応も
今年の暑さはいつまで?-ウェザーニューズが「猛暑見解2018」を発表
“全米一のステーキハウス”日本上陸へ
「一緒に仕事したくない」?加藤綾子が明石家さんまに我慢できず番組降板へ
有田哲平、朝ドラ初出演決定!「僕でいいんですか?という気持ち」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加