50歳のキングカズ、世界最年長ゴールがギネス記録に「賞をいただき光栄」

50歳のキングカズ、世界最年長ゴールがギネス記録に「賞をいただき光栄」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/15
No image

キングカズこと三浦知良が昨年3月に挙げたゴールがギネス世界記録に【写真:Getty Images】

横浜FCの三浦知良の得点が15日、「ギネス世界記録」に認定された。2018Jリーグキックオフカンファレンスの中で発表されている。

認定の対象となったのは、昨年3月12日の明治安田生命J2リーグ第3節・ザスパクサツ群馬戦で決めたゴールだ。これが「Oldest professional football player to score a competitive league goal(リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手)」となり、今回のギネス世界記録認定となった。この時のカズの年齢は50歳14日だった。

Jリーグキックオフカンファレンスで表彰を受けた三浦は「本当にこういうギネスという、僕自身はそれほど意識したことはなかったんですけど、こういう形で皆さんに祝ってもらい、こういう賞をいただけたことを光栄に思います。ありがとうございます」と“世界一”認定の喜びを語った。

今年はゴールを決めれば、自動的に自らの世界記録を更新することになる。松本山雅FCとのJ2リーグ開幕戦翌日に誕生日を迎える“キングカズ”にとって、前人未到の51歳でのゴールも夢ではない。

(取材:青木務、文・構成:編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
風間監督が明かす「名古屋グランパス・わずか1年でJ1復帰の秘密」
東京世代が開幕1号!鳥栖ドローもFW田川、開始3分でPK弾
浦和エース興梠、相性抜群のFC東京戦へ開幕ダッシュ宣言 「2、3点取って勝ちたい」
宇佐美の技あり1ゴール1アシストも虚しく...チームは序盤の3点リードから大逆転負け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加