巨人 最下位脱出へ“コシヒカリ打線” “新米”吉川尚も岡本もつなぐ

巨人 最下位脱出へ“コシヒカリ打線” “新米”吉川尚も岡本もつなぐ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/17

◇セ・リーグ 巨人―DeNA(2018年4月17日 新潟)

No image

フリー打撃の球拾いをする高橋監督

巨人が新潟の地で「コシヒカリ打線」を形成する。チーム打率.271はリーグトップ。1試合平均4.27点を奪いながら、投手陣の不調をカバーしきれず、5勝10敗の最下位に甘んじている。高橋監督は「もう一歩、もう1点というところで、最後に逆転しきれなかった。そこは課題」と求めた。

15日の広島戦は3点を追う9回、抑えの中崎を攻め立て1点差に詰め寄った。吉村打撃総合コーチは「試合の早い段階でできたらベスト。打線をつないで勝ちたい」と「つなぐ打撃」の重要性を説いた。新潟ブランド米のように、モチモチした粘り強さを見せる。

今季からレギュラーに定着した「新米」の吉川尚、岡本も輝いている。2番・吉川尚は「常に粘ろうと思って打席に立っている。塁に出ることが最優先」と腕をぶす。この日チームは新潟入りし、控え組が練習。宿舎に用意された名産米をかみしめ、戦いに備えた。まだシーズンは序盤。粘りの打撃で「実りの秋」を迎えればいい。(神田 佑)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
エースで4番、大谷二刀流に憧れる米キッズ増殖中
衣笠氏、監督もコーチもしない「理由」 ぎりぎりの本音に感謝
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
西本氏、衣笠さん死球骨折でも感動した気遣いの言葉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加