五輪ゴルフ延期 代表決定は渋野日向子らにも影響か

五輪ゴルフ延期 代表決定は渋野日向子らにも影響か

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/03/25
No image

渋野日向子(2020年1月14日撮影)

東京オリンピック(五輪)の延期は、ゴルフの代表選考にも大きな影響を及ぼすことになりそうだ。

当初、男女とも今年の6月末時点での世界ランクに応じて代表選手が決まる予定だった。規定では原則、各国とも上位2人が選出され、同ランク15位以内に3人以上いる国については最大4人までが出場権を得る。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、米ツアーや日本ツアーなど、各地域の主要ツアーが中止や延期になっていることから、ランキングは今月20日から凍結状態にある。凍結前の時点で、男子は松山英樹が日本勢1番手の同ランク22位、今平周吾が2番手の41位、石川遼が3番手の97位。

日本女子は1番手が同ランク4位の畑岡奈紗、2番手が12位の渋野日向子で、14位鈴木愛、59位稲見萌寧、62位河本結、63位上田桃子、67位勝みなみと続く。

この時点で男子は松山と今平の2人。女子は畑岡、渋野、鈴木の3人が出場権を得る可能性があった。しかし、五輪延期により、代表選手決定は、大会直前まで先延ばしになるのが自然な流れになりそうだ。その場合、各国のツアー再開後、1年後まで代表争いが続くことになる。

世界ランクは過去2年(104週)のツアー成績による総獲得ポイントを、出場試合数で割った平均ポイントで算出される。東京五輪が1年延期なら、その間のツアー結果により、ガラリと世界ランクが変動する。

昨年8月のAIG全英女子オープンを制した渋野は、1年後にも全英のポイントは反映される。とはいえ決して安泰ではなく、先行きは不透明になった。【益子浩一】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
渋野日向子の日程にも影響 米女子ツアー予選会が延期
異例のメジャー12月開催 全米女子OPは6月から日程変更
大学教授目指す元女子プロ、心理学でゴルフに恩返し
最後まで開催目指すも... シニアツアーは開幕2試合が延期に
米女子ツアーが追加の延期を発表 空き週に組み込み開催へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加