【こんな記録にも注目】阪神・秋山 67年ぶりシーズン最少四球更新なるか

【こんな記録にも注目】阪神・秋山 67年ぶりシーズン最少四球更新なるか

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

広島、ソフトバンクが優勝目前のプロ野球。V決定後は関心事がCS進出争いと記録に移る。12球団担当記者がシーズン残り試合で注目すべき記録をプレゼン。阪神・秋山拓巳投手(26)、巨人マイルズ・マイコラス投手(29)はともに抜群の制球力で球史に名を刻みそうだ。

No image

キャッチボールで調整する秋山

8年目で大きく飛躍を遂げた阪神・秋山が、偉大な記録に王手をかけている。

今季、143回1/3で与えた四球は、わずか13個。2リーグ制以降の規定投球回到達者の最少記録、50年阪急・野口二郎の14個(181回2/3)を下回る。6回無失点だった14日の巨人戦も今季9度目の無四球。記録更新が現実味を帯びてきた。

「突然変異」の制球力ではない。昨季も2軍公式戦で108イニングを投じて21四球と元来、コントロールが大きな武器。明らかな変化と言えるのは「直球」への揺るぎなき自信だ。

「今までとの違いは直球に自信が持てるようになったことです。直球で勝負できるようになった」。これまでのカットボールでゴロを打たせる投球スタイルは、1軍の打者にはファウルで粘られて、カウントを悪くするケースも少なくなかった。

今季は、体にひねりを加えたフォームから繰り出すスピンの利いた直球で圧倒。少々コースが甘くなっても、球威で抑え込めていることが、四球の少なさにつながっている。

「内角に投げて、2球目に外角に変化球を投げる時も“内角にあの直球を投げているから大丈夫”と思えるようになった」。抜群の制球力を支える「直球」。高卒1年目に4勝した後の低迷から脱した26歳が、60年以上も閉ざされた歴史の扉を開こうとしている。 (遠藤 礼)

▼阪神・金村投手コーチ メンタル的な弱さが改善され、ストライクゾーンで勝負できるのが四球の少なさにつながっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・今岡2軍Cが退団濃厚...ロッテ入閣へ 球団幹部「残念です」
巨人、“109歳トリオ”で逆転勝ち!阿部「いいところに飛んでくれた」
鷹91勝!中継ぎ王・岩崎、フル回転71試合登板で球団新46HP
清宮が「世界」で通用しなかった理由
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加