寝台特急「北斗星」が宿泊施設として復活

寝台特急「北斗星」が宿泊施設として復活

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

多くの鉄道ファンに親しまれ、役目を終えた寝台特急「北斗星」が宿泊施設として復活しました。

東京・中央区のJR馬喰町駅に直結する形でオープンする「トレイン・ホステル北斗星」は、去年引退した寝台特急「北斗星」で実際に使われていたパーツを再利用しています。この宿泊施設は、東京オリンピックに向けて増えるとみられる外国人旅行者のために、英語の表示を多く使っているほか、東北を中心とした地方の情報を発信していくということです。料金は税込みで1泊2500円からで、今月15日にオープンします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
職員だけが謎の眠気やふらつき 愛知県の介護施設
ユニクロ潜入ルポ、バイト解雇の流れに「最高のオチ」
終電、寝過ごしたあ! 今年も「救済バス」運行...西東京バス
ノロなどの感染性胃腸炎患者 10年で2番
メタルバンドのドラマー逮捕、大麻所持の疑い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加