最新ランキングをチェックしよう
ホントは平野歩夢が勝ってた?盛り上がる最終滑走ねらったホワイト作戦勝ち

ホントは平野歩夢が勝ってた?盛り上がる最終滑走ねらったホワイト作戦勝ち

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/15

若き天才・平野歩夢と、絶対王者ショーン・ホワイト(アメリカ)の一騎打ちとなった平昌オリンピック・スノーボード男子ハーフパイプは、ともにオリンピックで初めの「ダブルコーク1440」(縦2回転、横4回転)の連続技を決めたが、金メダルをつかみ取ったのはホワイトだった。その差は2.5ポイント。3回の演技のうち、平野はこの大技を2回目で決め、ホワイトは最終滑走となった3回目で決めた。金と銀の差は何だったのか

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
パンサー尾形、ヤバすぎる下半身事情を妻が激白 「毎晩、寝ている間に...」
iOS12で「ディスプレイの画質が落ちた」との苦情
多摩丘陵に新旧のフォルクスワーゲンが集結...グリーンフィールド オータム フェスティバル
現地大使館も激怒した「中国人侮辱」のスウェーデンのテレビ番組の内容とは
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」...2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加