ヌーヴォレコルト国内最終追い3頭併せで2馬身先着

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

BCフィリー&メアターフ(G1、芝2000メートル、米サンタアニタ=11月5日)に出走するヌーヴォレコルト(牝5、斎藤誠)が19日、美浦ウッドで実質的な国内最終追いを行った。

3頭併せの真ん中を一気に突き抜け2馬身先着。6ハロン82秒3-12秒7の時計に、斎藤誠師は「ピリッとして、闘争心も出てきた」と好感触だ。この日、検疫入りし、出国は26日の予定。師は「(サンタアニタは)1周1400メートルしかないが、先行力もあるし、速い時計にも対応できる」と海外G1制覇を見据える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
山下智久、事務所との決裂危機を救ったあの人物のひと言「僕と契約しよう」
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
部下を必ずつぶしてしまう上司の特徴
「銀魂」橋本環奈の衝撃オレンジヘア解禁!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加