生き生きとした肌色を取り戻した200年前の絵に人々驚愕

生き生きとした肌色を取り戻した200年前の絵に人々驚愕

  • IRORIO
  • 更新日:2017/11/14

時間と共に黄色く変色してしまったアート作品が、みるみる200年前の姿を取り戻していく様子が、25万件以上のいいね!を集めている。

それがこちらだ。

A remarkable Jacobean re-emergence after 200 years of yellowing varnish 1/2pic.twitter.com/yBGNGDcNd7

— Philip Mould (@philipmould)2017年11月6日

A last smear from the chin removed. I will post an image of the completed picture as soon as it is ready.pic.twitter.com/K7TSl2XdqE— Philip Mould (@philipmould)2017年11月6日

特殊な薬品を使用

この動画は、イギリスでアート番組にも出演している画商のフィリップ・モールド氏が投稿したもの。

1618年のジャコビアン時代に描かれた絵画で、詳細は不明だがモデルの女性は当時36歳だったことがわかっている。モールド氏は、ウィリアム・ラーキンによる作品ではないかと考えているそうだ。

絵画をほこりや汚れから守り続けた結果、黄色く変色してしまったニスで覆われた元の姿がこちら。

No image

In response to those wanting sight of the uncleaned image of the #womaninred . All we know is she is 36 and it was painted 1618 (inscription)
— Philip Mould (@philipmould)
2017年11月7日
from Twitter

修復作業には、ニスだけを溶かして油性絵具には影響を与えない、特殊な薬品を使っているのだという。

クセになる人続出

ニスに埋もれていた鮮やかな肌色や繊細なドレスの模様が、200年前の姿を取り戻していく動画は、10万回以上リツイートされ、25万件以上の「いいね」がつけられている。

▼手にしていたのは純白の花だった

コメント欄には「もっと見たい」「全作業を公開して欲しい」「なんて満足感のある仕事なんだ」「作業風景をスクリーンセーバーに設定して、一日中仕事をせずに眺めていたい」など、作業風景に魅せられた人々の声が多数投稿されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全裸で公道を疾走するライダーがいるぞ!!  ...と錯覚して「思わず三度見」する画像
人形の汚れを落とすはずが...顔のペイントも消しちゃったパパの応急処置がホラー級
【衝撃】あの「雪見だいふく」には業務用があった。しかも9個入...
「重い...」猫にベッド代わりにされてしまう犬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加