株価は何によって決まるか

  • ZUU online
  • 更新日:2018/11/08

2018年11月8日(木)Market TalkのSummary

・米中間選挙後の米中貿易戦争の行方
これまでの中国に対する強硬な態度は、トランプ大統領だけではなく、議会も皆そうである。今回の選挙で「ねじれ議会」となったが、それで何か変わるのかというと何も変わらないだろう。中国への危機感は議会を含めアメリカの政権を握っている人たちが持っている共通認識で、強硬路線は変わらない。ただトランプ大統領の無謀、過激なアクションは少し収まるのではないか。ここから一段とエスカレートする可能性は少ないと思う。

・VIX、米国債、シカゴのオプションなどの動向をみると、このようなほぼプロしかやっていないマーケットではリスク回避の動きは出ていない。株式だけがリスク回避の動きとなっている。

・株価はファンダメンタルズで決まる。しかし、ファンダメンタルズはトレンドの中心にあるが、株価は過大・過小評価をしてそこから常に上下に振れている。株価がトレンドの中心点にいることは極めて少ない。理屈で説明できる部分は2割ほどだが、この理屈を分かっていないと上下に振り切れた時に「ここから先は理屈ではない」と説明できない。だからファンダメンタルズ、バリュエーションを見て、現在の株価がどの位置にいるのかを把握することが重要。

・今回の日本企業の決算は下振れている企業もあるが、電子部品関連や信越化学、コマツ、ソニー、トヨタなどは上振れで、結局今回の中間決算は業績が過去最高まで上方修正されている。日経平均EPS、PERから見て、日経平均は年明けは難しいが年度内には25,600円ほどのところまで行くのではないか。

広木隆(ひろき・たかし)
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ回転寿司店の倒産が激増?スシローら大手5社の出店攻勢が中小を「なぎ倒す」
ジムニーの進化の歴史を振り返る|初代から最新モデルまで
日本株、個人投資家が「一番儲かる時代」になる3つの理由
CO2フリー電力を利用した電動車向け充電サービスの実証実験、中部電力やトヨタなど
ロッテ、アイスクリームを10〜50円値上げ 「爽」「雪見だいふく」「モナ王」など29商品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加