犬にとってのリーダーとは?飼い主がリーダーになるために必要なこと

犬にとってのリーダーとは?飼い主がリーダーになるために必要なこと

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/01/16
No image

あなたは犬にとってどういう存在?

No image

愛犬にとって飼い主さんはどういう存在なのか考えたことはありますか?親でしょうか、兄弟でしょうか、友達でしょうか、それとも仲間でしょうか。犬と人間とは異なる動物のため、相手の存在の捉え方も少し異なります。

近年、飼い犬に対してのあり方として人間が「リーダー」となるべきだといわれています。そうすることで犬がより人間社会で暮らしやすくなるのです。

今回は「犬にとってのリーダーとは?飼い主がリーダーになるために必要なこと」をご紹介します。

犬にとってのリーダーとは?

No image

犬は群れで暮らす動物ですが、群れで暮らすにあたって「順位をつける」。そのため人間社会においても「飼い主が最上位の支配者となるようにふるまう必要がある」と聞いたことはありませんか。

実際20年以上前にこの考え方はアルファ理論として広まっていました。しかし、近年この考えは覆されようとしています。

犬は群れで生活するものですが、その群れの中には確かに「リーダー」の存在がいることが確認されています。しかし、ここでいうリーダーとは、いわゆる「支配」をする絶対的な存在ではありません。犬が群れで暮らす際の「状況に応じた犬」がリーダーになるのだそう。

群れをまとめるリーダー、狩りを率いるリーダーなど、その時その時にその場に応じた犬がリーダーシップを発揮するのです。子犬が育つ段階においては、親や兄弟がそのサポートをすることも分かっています。

つまりそれぞれの「場面に応じて」最もふさわしい資質を持つ犬が、その場のリーダーを担っているのだそう。そこに固定的なリーダーは存在せず、また、支配や上下関係といった概念も存在しないのです。

飼い主がリーダーになるために必要なこと

No image

犬のリーダーという存在の捉え方を理解したうえで、犬がより人間社会で快適に暮らすためにはやはり「飼い主がリーダーとなること」が必要です。ただしリーダーになるというのは、上下関係を厳しくしつけることではありません。次のような考え方を念頭においてリーダーとなることを考えてみましょう。

1.方向性を示す

No image

人間がリーダーとして犬に対してできることは、「犬が人間社会で暮らす際に必要となる知識」を与えることではないでしょうか。犬は教えなければ、本能のままに振舞おうとします。しかし、学習をすれば犬は適応することができる動物です。

例えば「吠える必要はないこと」「噛み付く必要はないこと」「トイレは特定の場所で行うこと」。こういった人間社会で暮らす際に覚えてほしいことを経験させ、学習させ、その方向性を示すことが人間がリーダーとして犬に教えることができる点です。

犬の群れで暮らす時には犬の群れのルールを。人間の群れで暮らす時には人間の群れのルールを。犬が群れで暮らす際にリーダー犬や先輩犬を見て覚えるスキルを、人間が代わりに学習させるのです。また、いざという時に方向性を示す存在がいることで、犬は安心して暮らすことができます。

2.サポートをする

No image

もう一つ人間がリーダーになるために大切なのは、人間がリーダーとして犬を「サポート」する役割を担うことです。

どうしても人間よりもか弱い存在である犬と生活をしていると、その存在を「支配」する方向へとシフトしてしまいがちです。弱い存在を守るうえで、そういった方向へシフトしていく可能性はあります。「危ないからそれはダメ、あれもダメ」そういった思考で犬の存在をコントロールしようとします。

しかし、犬が求めているのは支配の関係ではありません。四六時中、犬と一緒にいるのであれば、人間が支配することで犬をコントロールすれば安全かもしれません。しかし、そうはいきませんよね。

犬が一人で留守番をすることもあるでしょうし、散歩で外に出ることもあります。そういった時に、犬にも社会性が必要になっていきます。そのためにも他の人間や犬と触れ合ったり、さまざまな体験をさせることで社会性を身に着ける「サポートをする」ことが、リーダーとしてできるもう一つの役割ではないでしょうか。

もちろん危険を排除することは常に考えておく必要があります。しかし、それは支配して制限することとは違うのです。

まとめ

No image

方向性を示す

サポートする

方向性を示し、サポートをすることで、犬は必要なタイミングで飼い主さんをリーダーだと判断して頼ります。普段から叱りつけ、制限し、支配することが犬にとってのリーダーではありませんし、そうする必要もありません。

愛犬を大切に思うからこそ、犬という動物の生態を知って、人間の立ち居振る舞いを学び続けることも大切なのかもしれません。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

高齢者でもペットを飼いたい!整いつつある年配者が犬を迎える仕組みについて

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
Nonoko
ペットシッター

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平日の朝、起きてから出かけるまでに要する時間は?
顔は天使なのに属性が「闇」過ぎるロシアの美少女サラちゃん
こんなにおいしそうに見えるのに...残念ながら食べられない物いろいろ
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
牛肉「A5ランク信仰」崩壊...「実はおいしくない霜降り肉」離れ加速
  • このエントリーをはてなブックマークに追加