アルゼンチン代表、コパ・アメリカ23人を発表 有力選手落選の理由を指揮官が告白

アルゼンチン代表、コパ・アメリカ23人を発表 有力選手落選の理由を指揮官が告白

  • Football ZONE web
  • 更新日:2019/05/22
No image

コパ・アメリカに挑むアルゼンチン代表23人が発表された。メッシ(左)、アグエロが招集された一方、数々の実力者が選出外となった【写真:Getty Images】

スカローニ監督がメンバー選考について言及 「このメンバーが最高だと信じている」

アルゼンチン代表は現地時間21日、6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカのメンバー23人を発表した。大エースであるFWリオネル・メッシ(バルセロナ)、代表復帰を果たしたFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)が招集された一方、数々の実力者が選出外となった。それについて指揮を執るリオネル・スカローニ監督が言及したとスペイン紙「マルカ」アルゼンチン版が報じている。

メッシを筆頭に、個々の選手はクラブレベルで確かな実績を残していながらも、代表でのタイトルから離れ続けているアルゼンチン。今回のコパ・アメリカこそ栄光を手にしたいところだが、スカローニ監督は大きな決断を下した。DFガブリエル・メルカード、MFエベル・バネガ(ともにセビージャ)、FWアンヘル・コレア(アトレチコ・マドリード)、FWマウロ・イカルディ(インテル)といった有力選手を選出外にしたのだ。

「我々の考えとしては、新たな選手が代表でプレーするチャンスを持っていた。今回の招集メンバーに選ばれなかった選手たちを傷つけたかもしれない。しかし23人を選び、決断しないといけなかった。我々は、このメンバーが最高だと信じている」

このように話す一方で、ロシア・ワールドカップ以来となるアグエロの代表復帰も決めた。「クン(アグエロの愛称)の得点数が物語っている」と経験値を信頼したことを明かしている。メッシ、アグエロが30代となる一方で、FWパウロ・ディバラ(ユベントス)らの若き精鋭も台頭しつつある。今度こそ南米の伝統国復活となるのか――指揮官の采配が問われそうだ。

【一覧】コパ・アメリカに向けてアルゼンチン代表に選出された23人のメンバー

GK
エステバン・アンドラダ(ボカ・ジュニオルス)
フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)
アグスティン・マルチェシン(クラブ・アメリカ)

DF
マルコス・アクーニャ(スポルティング)
ミルトン・カスコ(リーベル・プレート)
フアン・フォイス(トッテナム)
ラミロ・フネス・モリ(ビジャレアル)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ)
ヘルマン・ペッセージャ(フィオレンティーナ)
レンソ・サラビア(ラシン・クラブ)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)

MF
ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼ)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
ジオヴァニ・ロ・チェルソ(ベティス)
エセキエル・パラシオス(リーベル・プレート)
レアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン)
ロベルト・ペレイラ(ワトフォード)
ギド・ロドリゲス(クラブ・アメリカ)

FW
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)
パウロ・ディバラ(ユベントス)
ラウタロ・マルティネス(インテル)
リオネル・メッシ(バルセロナ)
マティアス・スアレス(リーベル・プレート)(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国エースのイ・カンインがU20W杯MVP!...得点王は1試合9発のノルウェーFW
日本代表を「ブラジル最強のクラブ」が絶賛!その理由は?
久保建英、移籍金ゼロでレアルに。大金社長が説明「彼が18歳までの契約にこだわった」
「日本人が再び一流の振る舞い」 女子W杯での“美マナー”に海外絶賛「驚くほど無私無欲」
ジョルジーニョ激白 「代理人に食い物にされてサッカーを止める寸前だった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加