「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!?

「憎しみはいつか、愛に裏返る」妻の“名言”にモロ師岡困る!?

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/11/13
No image

モロ師岡(もろ・もろおか)(右)/1959年、千葉県生まれ。専修大学在学中からアマチュア劇団に所属。六本木のショーパブ立ち上げやストリップ劇場でのコントで活動。90年ごろからテレビに出演しはじめ、96年、映画「キッズ・リターン」(北野武監督)に出演。東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。以後、多くのドラマ、CM、映画で活躍。2018年1月2、3日、東京・下北沢の「劇」小劇場で「新春恒例初笑い演芸会」を開催。楠美津香(くすのき・みつか)(左)/1962年、東京都生まれ。横浜放送映画専門学院卒。コントグループ「ピックルス」「ふらみんご」、放送作家、ラジオDJを経て、実験的一人コント「東京美人百景」を連続公演。2000 年からは一人芝居「ひとりシェイクスピアの会」を定期公演。17年12月2日、東京・浅草リトルシアターで「超訳トロイラスとクレシダ」を公演。18年1月7日、横浜市大倉山記念館で「落語とコントの独演会」に出演。(撮影/写真部・大野洋介)

お二人とも俳優として活躍する、モロ師岡さん、楠美津香さんご夫妻。注目されたのはお互いにお笑いの世界だった。コントのような二人の物語とは。

※「出会いは“ストリップ劇場” モロ師岡夫妻の下積み時代」よりつづく

*  *  *

夫:僕もテレビからお声がかかるようになって。毎週、ネタを出さなきゃならなくなった。

妻:お互いネタには苦しんでたから、一緒に考えてみる?ってことに。そのうち私は芸人をやめましたけど。

夫:ちょうどコンビ別れしたんだよね。

妻:限界だったの。違う、これは私の道じゃない!って。それで放送作家に。

夫:彼女には引き続き、ネタを書いてもらいました。よく打ち合わせしたよね。

妻:道玄坂のドトールで。

夫:そのうち、飲みに行こうよってことになって。

妻:この人、酔っぱらうと私の手を握ってね。結婚しよう!って言うんですよ。

夫:ははは。

妻:それも一度や二度じゃないの。酔えば決まって、プロポーズ。

夫:寂しかったんだよ、きっと。まだ30前だったし。

妻:すべてのプロセスふっとばして申し込まれてもねえ。毎回、「うん、やだ!」って返事してた。

夫:でも、最終的にはしらふで申し込んだでしょ。

妻:あれ、そういえばいつだっけ?

夫:ほら、洞窟温泉のあるところで。覚えてないの?

妻:うん。

夫:そういう大事なこと、忘れないでよ。夫婦の思い出でしょうが!

――新婚生活が始まり、やがて長女が誕生。順調にいくかと思いきや……。

妻:子どもが幼稚園のころは、全面戦争でしたね。マンションの最上階の部屋なんですけど、メゾネットになっていて、2階があるんですよ。私は生活を上に移して、完全に家庭内別居。

夫:気まずい時代でした。

妻:戦争って些細なことの蓄積で勃発するんですよ。

夫:深いなあ。

妻:ママ友の家に入り浸ってたら、すごい量の着信があるんですよ。なんで家にいないんだ!って。

夫:心配だったんだよ。

妻:こいつ、ストーカーだ!って思って。

夫:気になりだすと癖になるんですよね。

妻:どんだけ信用されてないわけ?って傷ついて。それからというもの、何か嫌なことがあるとネチネチと同じことを、何十通もメールやLINEで送りつけてやることにしたんです。

夫:実際、「もう別れようメール」はずいぶん来たなあ。

妻:結構本気だったのよ。家を探したぐらいだもの。

夫:あんまり来るから、仕事仲間に見せて相談したんですよ。

妻:人に見せたの?

夫:よく言われたのが「奥さん、寂しいんだよ、早く帰ってあげなよ」とか。

妻:ふーん。

夫:「取っといたほうがいいですよ。後で本にできますよ」って言う人もいた。

妻:ははは。

夫:実際はほとんど読まずに削除してたけど。

妻:帰ってきた気配がすると、さーっと2階に上がってね。

夫:あ、今はもうそんなことないですよ!

――「やっぱり、役者だね」。死体から刑事へ“出世”。

妻:今でもギターの音がすると、ドア全部閉めるわよ。

夫:あんたも弾くでしょ。

妻:ジャンルが違うんだもの。私はクラシック。

夫:僕はフォークソング。そういえばギターに「ウルサイ!」って書かれたこともあったね。仕方がないから外で練習しようと思って橋の下へ行ったら、ホームレスからも「うるさい!」って(笑)。

妻:それどころか、勘違いされたんでしょ。

夫:知らないおばさんが数人寄ってきて、サインくださいとか言うのかなって思ったら、「良かったら食べて」って。すごく大きなポリ袋二つくれて。

妻:抱えて帰ってきたの。パンとビスケットがぎっしり入ってたね。

夫:カチカチになったパンにはカビが生えてて、ビスケットは粉々で。

妻:大笑いですよ。気の毒な人だと思われたんだって。

夫:その時この人がね、言ったんですよ。「やっぱりあんたは、役者だね」って。

妻:そんな感動的な言い方してないと思うけど。

夫:橋の下の雰囲気に同化しちゃってたんでしょ、ってね。こいつ、やっぱり面白いこと言うなあって思いましたよ。

妻:娘が1歳になったころ、シェークスピアの一人芝居を始めるって言ったときはうろたえてたよね。私が引退して家庭に入ると思ってたんでしょ。

夫:そうじゃないよ。シェークスピアをずっと続けるって言うから、えーって思ったんだよ。

妻:そうなの?

夫:僕もシェークスピアは経験あるし、わかりますよ。でも全作品やりたいって……。そんなに突き詰めるのかと。接点がなくなっちゃったような気がして。

妻:そうね。ドトールではあんなに楽しかったのに、接点がなくなっちゃったね。

夫:早くコントの世界に帰ってきてくれないかなあと。今は公演の間隔もゆったりになったし、見に行こうかなって思いますけど。

妻:あなたも役者として、いろんなお仕事もらえるようになったしね。

夫:もともとお笑いは、芝居の勉強のつもりだったんです。三遊亭圓丈師匠のところで勉強させてもらって、落語台本を書いたりね。勉強とはいえ、お笑いはお笑いで、ちゃんとしたものにしたいなと思って。時々ライブもやるんですよ。

妻:出世したよね。最初は死体だったのに、いつしか発見する役になって。今じゃ刑事が多いもんね(笑)。

夫:それ、出世って言う?

――丁々発止のやりとりも楽しそうな二人。夫婦円満の秘訣を聞いてみた。

妻:円満の秘訣ねえ。

夫:僕は「言いなりになること」。これですよ。

妻:ねえ、悪口みたいなこと、言っていい?

夫:だ、大丈夫? ちゃんといい話に落ち着く?

妻:うーん、多分ね。

夫:多分って……。

妻:いっときこの人、ニンニクに凝ったんですよ。

夫:あー。あれは、血圧が高いって言われて……。

妻:山ほど買ってきて、生で食べて炒めて食べて。家の中が大変なことに。おまけにギターの音でしょ。上の階にいる私をあぶり出しにかかってんのかと。どうしてくれようかと思ってね。

夫:ははは。

妻:上のベランダから下のベランダへ、ありったけの香水をぶちまけたんです。どっちが勝つか?って。

夫:結局、僕がニンニクに飽きてやめちゃったんですけどね。でも、それのどこが秘訣なのよ?

妻:諦めちゃいけない、ってこと。

夫:お。いいこと言うね。

妻:抵抗を諦めちゃだめなの。

夫:抵抗を?

妻:抵抗している間は敵対だとしても、関係は続いてるんです。諦めたら別離が待っている。

夫:これ、読んだ人はどう理解したらいいの?

妻:最初に愛があって、それが憎しみに変わったわけですよ。憎しみはいつか、愛に裏返る。だから諦めずに戦い続けること。ほら、きれいにまとまったじゃない!

夫:全然すっきりしないんだけど……俺の立場、どこにあるの?

妻:あるわよ、どこかに(笑)。(聞き手・浅野裕見子)

※週刊朝日  2017年11月17日号

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大沢樹生 番組収録も中止...“楽屋で卒倒”して救急車搬送!
「俺、出たくない」ワンオクが紅白出場を徹底拒否する理由
三田佳子次男また警察沙汰!元・乃木坂46メンバーへ暴行騒動
真木よう子、降板の裏に「新たなスキャンダルを週刊誌がキャッチ」の噂
ヤバさしかない...「ドザえもん展」開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加