最新ランキングをチェックしよう

大リーグ新労使協定が暫定合意 ロックアウトは回避

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/04

大リーグ機構は11月30日(日本時間12月1日)、大リーグ選手会と球団オーナー側が労使協定の改定に関して暫定的に合意したと発表した。有効期間は5年で2021年まで。 合意内容は明らかにされていないが、米スポーツ専門局、FOXスポーツ(電子版)など、複数の米メディアによると、ラグジュアリータックス(ぜい沢税)が課せられる1チームの総年俸の上限が1億8900万ドル(215億5000万円)から1億950

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米国ストローマン、6回まで無安打の快投 7回途中1安打で降板、喝采浴びる
“実験台”となる覚悟も吐露 ダルビッシュが右肘手術前後の秘蔵映像公開
米国キンズラーが先制2ラン! プエルトリコと決勝、どちらが勝ってもWBC初優勝
侍J・千賀、敗戦投手も強烈印象 米国ファン驚嘆「すぐにMLBでプレーを」
米国がイエリチ適時打などで4点リードに ストローマンは5回まで無安打投球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加