大リーグ新労使協定が暫定合意 ロックアウトは回避

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/04

大リーグ機構は11月30日(日本時間12月1日)、大リーグ選手会と球団オーナー側が労使協定の改定に関して暫定的に合意したと発表した。有効期間は5年で2021年まで。

合意内容は明らかにされていないが、米スポーツ専門局、FOXスポーツ(電子版)など、複数の米メディアによると、ラグジュアリータックス(ぜい沢税)が課せられる1チームの総年俸の上限が1億8900万ドル(215億5000万円)から1億9500万ドル(222億3000万円)に引き上げられるほか、18年シーズンが例年より4、5日早く開幕し、シーズン中の休養日が増えるという。

メジャーのベンチ登録選手が1人増える可能性があるとして注目されていたロスターは、25人のまま変更はないという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤンキース田中、二刀流大谷は「信念貫きすごい」=ゴルフのイ・ボミとイベントで競演
イ・ボミ マー君にメロメロ「ファンになりました」 チャリティーで初共演
マー君、イ・ボミから刺激
マー君、大谷の進化にビックリ!「体つきが違いましたね」
ダルビッシュ、田中と大谷のキャッチボール画像公開 「豪華!」の声殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加