ユーベ、8戦ぶり堅守崩壊。2点先行も...支配率67%でトッテナムが上回り2得点

ユーベ、8戦ぶり堅守崩壊。2点先行も...支配率67%でトッテナムが上回り2得点

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/14
No image

ユベントスに所属するGKジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

【ユベントス 2-2 トッテナム チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】

現地時間13日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、ユベントスはトッテナムをホームに迎えて対戦し2-2の引き分けに終わった。早い時間帯に2点先行しながらも2失点。連続無失点の記録は公式戦7試合でストップした。

試合開始して2分、ミラレム・ピャニッチのフリーキックからゴール前にいたゴンサロ・イグアインがダイレクトで合わせてユベントスが先制。続く9分にはPKをイグアインが決めて2点目。試合開始して10分以内にユベントスが2点リードする展開となった。

その後、何度もチャンスを作ったユベントス。35分にショートカウンターからトッテナムのハリー・ケインに1点を返されたが、前半アディショナルタイムには3点目を奪うチャンスが訪れる。しかし、イグアインがPKを失敗してしまい追加点ならず。

すると徐々にトッテナムのペースへ。72分、ゴール真正面のフリーキックからトッテナムのクリスティアン・エリクセンに直接決められ同点に追いつかれてしまった。結局、試合は2-2の引き分けに終わっている。

ユベントスは今年1月に行われたイタリア杯準々決勝のトリノ戦以降、公式戦7試合連続で無失点試合(クリーンシート)が続いていた。しかし、8試合ぶりに堅守が崩壊し2失点を喫している。

英メディア『BBC』が公開しているデータによると、ユベントスのボール支配率は33%でシュート9本、トッテナムはボール支配率67%でシュート12本だったという。早い時間帯に2点先行したことが、かえって受け身の時間帯を増やしてしまったのかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カナダとドイツが同タイムで金メダル、ボブスレー男子2人乗り
スノボ藤森ビックリ2位!小平と同じ35歳、有終の舞台へ気合入れる
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
「まるでフィギュアスケート」 “ドイツの至宝”がボルシア・ダービーの劣悪ピッチに嘆き
平昌五輪スキー選手の父親 スイスから1年かけて自転車で応援に駆けつける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加