名古屋ダイハツ、ドバイに中古車オークション会場を開設

名古屋ダイハツ、ドバイに中古車オークション会場を開設

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/14
No image

ドバイオートオークション

もっと画像を見る
名古屋ダイハツ・三河ダイハツは、アラブ首長国連邦(UAE)にて、中古車輸出のQuetta Trading、現地資本のAl Zohaib Motorsの3社合弁で、「ドバイオートオークション(DAA)」を発足したと発表した。

名古屋ダイハツ・三河ダイハツは、2004年にドバイに現地法人を設立し、中古車輸出を開始、2007年にはドバイの中古車貿易特区に中古車展示場を開設し、年400~500台を販売している。

オークション会場は同じ特区内に開設し、敷地面積は約8000平方メートル、最大で約250人がオークションに参加可能。現地で初の大型室内施設となるオークション会場は、空調設備や軽食コーナーを完備し、快適な環境を整えることで、他社との差別化を図っている。

アフリカや中東では高品質な日本車の人気が高く、さらには中古車市場では日本ブランドが大多数を占めている。同社では、1日100名の来場、繁忙期には200名の来場者を目標に、初年度は3万6000台の販売を目指し、同事業を収益源に育成していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】ヤマハは『MOTOROiD』や『MOTOBOT Ver.2』 など20モデルを出展
阪急電鉄の「壮大なる鉄道プロジェクト」の舞台裏
中国ネット企業「趣店」NY上場果たす 初日に時価総額100億ドル超
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
無党派、立憲が取り込む=未成年は保守志向-出口調査【17衆院選】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加