39歳安美錦、足流れ初日黒星...幕内最年長

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/16
No image

琴勇輝にはたき込みで敗れた安美錦(手前)=両国国技館(撮影・西岡正)

「大相撲初場所・初日」(14日、両国国技館)

39歳の幕内最年長・安美錦(伊勢ケ浜)は琴勇輝(佐渡ケ嶽)に敗れ初日黒星となった。

立ち合い、もろ手で突いてきた相手に対応しようと右に動いたが左足が流れてしまい、ばったりと土俵に倒れ込んだ。決まり手ははたき込みだった。

2日目は安美錦が千代丸と、琴勇輝は照ノ富士と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
朝青龍の甥・豊昇龍が初陣星「自分も横綱まで...」
稀勢の里「集中した」原点回帰のぶちかまし初白星
大鵬孫がど迫力デビュー 前相撲で朝東を吹っ飛ばす
北の富士氏、糖尿病で休場の照ノ富士に「一寸先は闇だね」/初場所
北勝富士「やられた」稀勢の里にお株奪われ金星逃す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加