本当に美味しい「立ち食い焼鳥」を食べたいならココですね / 鳥勇 駅前店

本当に美味しい「立ち食い焼鳥」を食べたいならココですね / 鳥勇 駅前店

  • 東京メインディッシュ
  • 更新日:2016/12/02
No image

焼鳥
150円

寒い季節になると、暖房がきいた居酒屋で熱燗をきゅっと飲みながら焼き鳥を食べたくなる。暑い季節になると、クーラーが涼しい店でゴールをぐびぐび飲みながら焼き鳥を食べたくなる。だけど今回ご紹介する店は、完全なる立ち食い焼鳥屋「鳥勇 駅前店」(東京都品川区小山3-24-7)。

暑くても寒くても、野外で食べるからこそ美味しい焼鳥がそこにあります。

・食べるときに暗黙のルール
客は店頭に並ぶ焼鳥を自由に手に取って食べ、満足したら串を店員に渡して清算する。どの焼鳥も1本150円だから計算はシンプル。食べるときに暗黙のルールがあり、焼鳥だけの客は店頭から焼き鳥を取った歩道に戻り、他の客の邪魔にならないようにして食べる。焼鳥を食べたいときだけ店頭に行って焼き鳥を手にし、また歩道に戻る。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

・お酒を飲む客は優遇される
日本酒やビールなどのドリンクを注文する客は、ちょっとだけ優遇される。店員からドリンクと同時に取り皿も渡され、店頭の台(テーブル代わり)に置き、歩道に出ないまま、焼き鳥がすぐに取れる位置で食べ進めることができる。

・二度漬けは絶対に禁止
薄味が好きならそのまま食べてもいいが、しっかりタレを染み込ませたいときは、焼鳥を取るときタレに浸してもよい。二度漬けは絶対に禁止。焼鳥を取るとき一度だけタレに浸すことが許されている。

・しっかり味が伴った名店
客がひっきりなしに訪れて、どんどん焼鳥がなくなっていくが、どんどん職人が焼ていくので、完全になくなることはない。どの焼鳥も美味しいが、鶏皮が絶品だと評判だ。そう、そもそもこの店、焼鳥が美味しい店として全国的に有名で、地方から訪れる人もいるほどの店。「立ち食い」という体験も面白いが、しっかり味が伴った名店でもあるのだ。

鳥勇 駅前店
住所:東京都品川区小山3-24-7
時間:11:30~21:00
休日:無休(要確認)
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13192937/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【何だこれ】ポテトチップスの袋を開けたら「ポテト」が出てきた衝撃写真が話題に
マツコも毎日食べたくなる!?絶品「レトルトカレー」
松屋『クリームシチュー定食』が異常に美味!シチューご飯否定派も失神するレベル
お土産に困ったら迷わず一択!岩手県一関市に行ったら食べたい岩手グルメ5選!
小分けされているから取引先でも喜ばれるお歳暮!相場以内で購入できる厳選お菓子7選

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加