噴煙量増加、火口縁上2千メートル 6年ぶり噴火した霧島連山の新燃岳

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/10/12

福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は12日午前11時50分、6年ぶりに噴火した宮崎、鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳=火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続=の噴煙量が増加し、噴火活動が活発化していると発表した。新燃岳火口から概ね2キロの範囲では、噴火に伴う、弾道を描いて飛散する大きな噴石、および火砕流に警戒が必要。

火山性微動の振幅は12日午前7時ごろから増大。噴煙の勢いが増し、同11時現在、灰白色の噴煙が火口縁上2千メートルで真上へ上がっている。また新燃岳周辺では、噴火に伴う「鳴動」が聞こえているとの情報があった。

=2017/10/12 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
「いじめの原因はいじめられる側にある」という理由は? いじめの“原因”と“責任”を分けて考える4コママンガが考えさせられる
走り屋たちに“ユニバ裏” USJ近くで集団暴走
石原慎太郎が枝野を絶賛!その裏の理由は?
仕事中にも! 恐ろしすぎる「レイプ・ドラッグ」の罠
  • このエントリーをはてなブックマークに追加