哀悼の意 ユニ着用許可を要求

哀悼の意 ユニ着用許可を要求

  • スポルト
  • 更新日:2016/12/01
No image

パルメイラスは哀悼の意を表す事を望んでいる 画像提供:SPORT

パルメイラスは今週火曜日に発生したシャペコエンセの一団を乗せた飛行機の墜落事故の犠牲者達に哀悼の意を表すため、カンピオナートの最終節の試合をシャペコエンセの緑色のユニフォームを着てプレーする許可をブラジルサッカー連盟(CBF)に求める意向である。

パルメイラスは今週日曜日にビトリアと対戦する予定だったが、ブラジル国内のその他の試合同様、この飛行機事故による75名以上の犠牲者に哀悼の意を表して翌週に延期された。

ブラジルの複数メディアの報道によると、先週末のシャペコエンセ戦でリーグチャンピオンに輝いたパルメイラスは本来のユニフォームとは異なるシャツを着てプレーするためにクラブのメインスポンサーの2社(CrefisaとFAM)からの許可を得ており、同様にadidasからも許可を得られる事が予測されている。

■関連記事:墜落事故にロナウドの関係者

■関連記事:墜落機 メッシも過去に搭乗

■関連記事:ブラジル 墜落前の歓喜の瞬間

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
33戦無敗中のレアル、CLドルトムント戦でクラブタイ記録に挑戦
事故で友人を失ったジーコ氏、シャペコエンセの慈善試合開催へ...“決勝戦”実施も
元バルサのグジョンセンがシャペコエンセ加入を熱望
エリクソン氏、中国1部から2部の監督に“転身”
バルサ 楽天入りデザイン承認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加