【リコール】スズキ Vストローム など、発電機不具合でエンジン停止のおそれ

【リコール】スズキ Vストローム など、発電機不具合でエンジン停止のおそれ

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

スズキは12月1日、スポーツバイク『Vストローム650』などのオルタネーター(発電機)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『Vストローム650』と『グラディウス400』の2車種で、2010年9月8日から2016年9月12日に製造された4040台。

オルタネーターのステータコイルが耐熱性不足のため、当該コイルが高温になるとコイル線被膜が損傷しコイルの一部がショートすることがある。そのため、発電量が少なくなり、そのまま使用を続けると、バッテリが充電不足となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動ができなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ステータコイルを対策品と交換する。Vストロームについては、ステータコイルに加えロータも対策品に交換する。

不具合は84件発生、事故は起きていない。市場からの情報および国土交通省からの指摘により発見した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南太平洋でM7.8の地震 日本への被害の心配なし
三反園・鹿児島知事判断示さぬまま 川内1号機運転再開 反原発派「言い訳ばかり」
死亡の18歳少年「仕事でトラブル、追われている」
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
ソロモン諸島でM8.0の地震
ウェザーニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加