チェルシー監督、高級車より小さい車「運転が簡単」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13

強風被害により愛車が破壊されたチェルシーのアントニオ・コンテ監督は、なぜ庶民的な日産ジュークを運転しているのか説明したと、13日の英紙サンが報じた。

1万5000ポンド(約232万円)のジュークはルーフテラスに置いてあったテーブル上部のガラスが強風の影響ではずれ、同監督の愛車のボンネットに落下した。愛車を修理している間は、ジュークよりもさらに小さいトヨタ・ヴィッツ(英国だとヤリス)を運転している。年収900万ポンド(約13億9000万円)を稼ぐコンテ監督は高級車を買う欲望はないと説明した。「小さい車を運転するのは妻の願いだよ。運転がより簡単だからね」と続けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
相鉄HD「追い出し」問題の実像、バスジャック解決の運転手も休職...会社側発言めぐり不当労働行為認定
虫歯治療後に2歳女児が死亡 低酸素脳症 福岡
「身動き取れず手が股間に...」 中学教師の男を逮捕
【報ステ】JR車内で女性が出産...病院に向かう途中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加