品川プリンスホテル Nタワー、自律走行型デリバリーロボットを導入

品川プリンスホテル Nタワー、自律走行型デリバリーロボットを導入

  • Traicy
  • 更新日:2017/09/16
No image

品川プリンスホテル Nタワーは、客室に荷物を届ける自律走行型デリバリーロボット「Relay(リレイ)」を10月2日より導入する。

「Relay」はシリコンバレーに拠点を置くロボットベンチャーのSavioke(サビオーク)が開発・製造した自律走行型デリバリーロボットで、障害物を回避しながら自動走行し、エレベーターにも自動搭乗し客室のドア前まで到達することが可能な機能を備えている。まずは客室アメニティのデリバリーからスタートする。

品川プリンスホテル Nタワーは、2013年のリニューアルオープン以来、チェックイン・アウトの自動システム、宿泊者無料のコミュニケーション空間「ビジネスラウンジ」での朝の軽食サービス「N’s Morning」、宿泊者専用ロッカーの設置などの独自のサービスを展開している。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ランエボ」後継モデルとなるのか!? 東京モーターショー2017で「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」公開!!
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
RIZAP流ビジネスが成功するワケ
「東京=物価高い」はもう過去? 「世界最安の旅行先」と英国で評判のワケ
品川プリンスホテルNタワーが客室に荷物を届けるデリバリーロボットを導入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加