ゴロフキン、ドロー防衛も再戦必至 井上尚「この結果はない」

ゴロフキン、ドロー防衛も再戦必至 井上尚「この結果はない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/18

◇WBAスーパー・WBC・IBF統一世界ミドル級タイトルマッチ12回戦 統一王者ゲンナジー・ゴロフキン 引き分け 元WBC王者サウル・アルバレス(2017年9月16日 米ネバダ州ラスベガス)

No image

世界ミドル級タイトルマッチでアルバレス(右)を攻めるゴロフキン

今年最大のビッグマッチは三者三様の採点で引き分け、再戦は必至となった。3本のベルトを防衛したゴロフキンは「引き分けは自分のせいではない。プレッシャーはかけ続けた」と防御を固めてカウンターを狙ったアルバレスを批判。アルバレスはブーイングを浴びながらも「7、8ラウンド取った。勝ったと思う」と反論し、ともに「やりたい」と再戦に同意した。

米メディアはゴロフキン勝利の論調が多く、アルバレスの8点差勝利とした女性ジャッジの採点を疑問視。WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥もツイッターに「この結果はないかな…」とつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
RENA“無敵の勝負飯”に大喜び「6年間負けてない」
登坂、負傷で全治3カ月=年内復帰は困難-レスリング女子
山本アーセン「ちょっと泣きました」壮絶TKO負け
山本美憂が初戦敗退...現役続行希望も進退熟考「今は考えられない」
エンダム「倒れるのは村田だ」=再戦へ対策入念-WBAミドル級
  • このエントリーをはてなブックマークに追加