最新ランキングをチェックしよう
文科省「照会」池田佳隆議員は「安倍首相の愛弟子」、教育の「政治的中立性」主張、「魔の3回生」

文科省「照会」池田佳隆議員は「安倍首相の愛弟子」、教育の「政治的中立性」主張、「魔の3回生」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/03/20

「日本の教育を変えよう」「自虐的過ぎる日本の歴史教育」「健全な愛国心が自然にわき起こるような教育を」――自民党の池田佳隆衆院議員が2006年、政界進出前に刊行した『誇り高き国 日本 この国に生まれて本当に良かった』(ダイヤモンド社)の目次である。同著には保守系の評論家・櫻井よしこ氏が「絶賛」の帯を寄せている。
文部科学省が前川喜平・前事務次官の授業内容を報告するよう名古屋市教委に求めた問題で、先だ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
上場直前のソフトバンクが抱える「ファーウェイ問題」の深刻度
スマホ決済『ペイペイ』効果で、株価が上がる「意外な会社」の名前
小川彩佳アナ『リーガルV』で女優デビュー「制作側の意図疑った」
「結婚20年目、夫婦で愚痴ばかり...」江原啓之が伝えた“心得”は?
殺人犯から母親を守り瀕死状態に陥った16歳息子、19か月後に死去(露)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加