データ改ざん問題で神戸製鋼が会見(全文1)原因の一つに閉鎖的な組織風土

データ改ざん問題で神戸製鋼が会見(全文1)原因の一つに閉鎖的な組織風土

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/11/19
No image

神戸製鋼、データ改ざん問題の調査結果を公表(THE PAGE編集部)

神戸製鋼のアルミや銅製品などのデータ改ざん問題について、同社は10日午後5時から記者会見を行い、不正の原因や再発防止策などを説明した。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。

司会:秘書広報部の堀内でございます。ただ今から、当社グループにおける不適切行為に関わる原因究明と、再発防止策に関する報告書について、記者会見を始めさせていただきます。加えましてお手元には、安全性の検証状況についても、資料を配付させていただいております。

まず初めに会見者のご紹介をいたします。まず中央、代表取締役会長兼社長、川崎博也でございます。

川崎:川崎でございます。

司会:皆さまから向かいまして左側。常務執行役員、山本浩司でございます。

山本:山本でございます。

司会:右側、常務執行役員、勝川四志彦でございます。

勝川:勝川でございます。

司会:それでは川崎のほうからご説明させていただきます。

川崎:このたびは、当社ならびに当社グループによる品質に関わる不適切な行為により、お客さま、取引先の皆さま、株主の皆さま含め、多数の皆さまに、多大なご迷惑をお掛けしておりますことを、深く、深く申し訳なく思っております。誠に申し訳ございません。

それでは座らせていただきます。

不適切な行為に関しての原因分析について

それでは説明をさせていただきます。当社では当社グループにおける不適切な行為の判明後、品質問題調査委員会を設置し、一刻も早い再発防止策の実行に向け、安全性の検証や原因調査を進めてまいりました。当社としては、このような事態を二度と引き起こさない再発防止策を徹底するために、さらなる知見と客観性が不可欠であるとの認識の下、10月26日から社外の有識者のみで構成される外部調査委員会に調査を引き継ぎ、現在はこの外部調査委員会において、事実関係の解明や、当社の実施した自主点検の適切性の検証などが進められております。当社はこの外部調査委員会の調査に、全面的に協力しているところであります。

この調査は年内をめどに完了するものと認識しておりますが、そこでは客観的な視点から本件の原因分析がなされ、また、それに基づく再発防止策が提示されることになると思います。最終的には外部調査委員会による報告も踏まえた再発防止策をあらためて検討することになると思いますが、本日は10月25日までの間に、当社において行ってきた社内調査をひとまず総括し、当社なりに本件不適切行為の原因を分析し、現時点でできる範囲での再発防止策を立案いたしましたので、それらをご報告させていただきます。

10月8日以降、当社は、アルミ・銅事業部門において確認された不適切行為を中心に、多くの不適切事案を報告してまいりました。その概要につきましては本報告書9ページのこれまでの公表案件についての事案の説明や、本報告書の添付資料2にまとめておりますので、ご覧いただければ幸いです。

まずこれらの不適切な行為に関し、当社が考える原因分析についてご説明いたします。本件は事業部門、製品の種類、製造体制や工場規模による違いはあるものの、今回の不適切事案においては、複数の部署にまたがる広範囲の関与者がおり、しかも長期間にわたり、不適切な行為が継続されたこと、さらにそれが社内で公に発覚しなかったという特徴があると考えています。当社といたしましては今回の一連の不適切事案の原因は、大別すると、収益評価に偏った経営と、閉鎖的な組織風土、バランスを欠いた工場運営、不適切行為を招く不十分な品質管理の手続き、契約に定められた仕様の遵守に対する意識の低下、不十分な組織体制という形で整理できるのではないかと考えております。そこでここからはその内容を1つずつ説明させていただきます。

原因の1つ目は収益評価に偏った経営と、閉鎖的な組織風土です。当社は厳しい経営環境の中、事業部門に対する収益重視の評価を推し進めると同時に、経営のスピードと効率化を図るため、その自立的運営を促進してまいりました。一方、経営自らが責任を持って工場の困りごとを解決する姿勢を見せなかったため、組織の規律は各組織の自己統制力に依存する状況となりました。そのような状況下、経営として工場において収益が上がっている限りは、品質管理面など工場で生じる諸問題を把握しようという姿勢が不十分であったと考えています。またこの経営管理構造そのものが、工場において声を出しても仕方がないといった閉鎖的な組織風土を生んだ主な要因ではないかと考えています。

原因の2つ目はバランスを欠いた工場運営です。不適切事案が最も多いアルミ・銅事業部門の工場や事業所では、収益面において会社に貢献することができず、苦しんできた歴史的な背景が伺えます。その結果、求められる規格と自社の工程能力との対比などが十分に行われないまま、顧客と仕様書を取り交わすなど、自社の物づくり力の把握を軽視し、受注を優先する風潮があったものと考えられます。その結果、顧客の要求品質を満足できない不適合品が発生した場合でも、顧客からのクレームがない限りにおいては、検査仕様や製品自体の強度などの仕様が軽視される風土が醸成されていったものと考えております。

また製造拠点の専門性を重視するあまり、製造拠点をまたがる人事異動が積極的には行われなかった結果、閉鎖的な組織や人の固定化といった状況が生じていたと考えております。また製造と品質保証との間の人事異動が行われ、本来の牽制機能が形骸化したり、あるいは不適切な行為に対する黙視の指示が行われたりするなど、品質コンプライアンスに対する感度が鈍化しやすい環境が生じていたと考えております。

原因の3つ目は、不適切な行為を招く不十分な品質管理手続きです。不適切な行為を行った部署は事案により異なりますが、検査データ入力後に入力内容に介入することが可能になっていたことが、改竄や捏造の機会を与え、不適切な行為を助長してしまったものと考えております。また、一部の工場では、顧客の規格よりさらに厳しい社内規格を設けていました。本来、出荷基準は顧客規格に基づき判断されるべきところ、社内規格を満たしていなければ出荷できない仕組みとしていたことに加え、徐々に顧客規格の厳格化が進み、一部の製品においては社内規格はそもそも守れない規格と認識されるようになっていました。社内規格を満たせなくなった場合、本来は工場の生産能力の見直しや、顧客へ、規制、規格の緩和を申し入れるべきところ、それら正規の手続きを経ず、改竄が行われるようになったと考えています。

原因の4つ目は、契約に定められた仕様の遵守に対する意識の低下です。顧客仕様への適合よりも、むしろ顧客からのクレームの有無が重要であるとの、品質に対する誤った認識に基づく仕様遵守意識の欠如により不適切な行為が継続され、時の経過とともに不適切な行為を申告することがますます困難になり、次第に契約に定められた仕様を軽視する風土が根付いていったと考えています。

原因の5つ目は不十分な組織体制です。アルミ・銅事業部門では、経営効率の観点から、品質管理体制も事業所単位で完結していたことに加え、各事業所では品質管理を行う部署と、品質保証を行う部署が同一組織に配置されるなど、品質保証部署の独立性が保たれていない状況にありました。また事業部門の直轄部署である規格管理部や技術部においても、品質に関わる特別なモニタリングは行われておらず、事業所主体の運営に拍車を掛けると同時に、とりわけ品質については外部からの牽制機能がほとんど働かない状況にあったと考えております。

再発防止策について

続きまして、再発防止策についてご説明申し上げます。本報告書の16ページをご覧ください。先ほどご説明いたしました、5つの原因に対応する形で整理しております。1つ目の収益評価に偏った経営と閉鎖的な組織風土に対する対策です。これに関しては、まず信頼を回復し高めていく経営を推進してまいります。品質はコストや納期に優先するという価値観を品質憲章に定め、役員や従業員が共有し、信頼回復に向け全力で取り組んでまいります。

また目標、指標の考え方を見直します。当社は従来、短期、および中長期の業績に関わる財務を中心とする指標に基づき経営を行ってまいりましたが、今後は品質や顧客満足度などの視点も加え、目標や指標を設定してまいります。さらに、言いたいことが言い合える、活気ある職場づくりを推進します。工場で起きている問題や、職場における困りごとを経営として放置しない姿勢を明らかにし、なんでも言い合える、耳の痛いことも言える職場風土を築いてまいります。

2つ目のバランスを欠いた工場運営への対策です。品質より納期や生産が優先される操業、閉鎖的な組織体制といったバランスを欠いた組織運営面の改善策については、本日設置いたしました品質ガバナンス再構築検討委員会において具体的な検討を進めてまいりますが、一方でただちにできる対策として、自社の工程能力を定期的に顧客仕様と対比する仕組みを設け、工程能力に見合った受注を徹底してまいります。

次に3つ目の、不適切な行為を招く不十分な品質管理手続きへの対策です。不適切な行為のあった事業所において、不適切な行為の機会を与えていた業務の仕組みやシステムを改めます。問題のなかった事業所に対しても、同様の問題の有無を検証し、必要な事業所に対しては対策を講じてまいります。改竄、捏造できる検査プロセスへの対策としては、試験検査データを試験装置からサーバーに直接取り込むなど書き換えられる機会を極力排除してまいります。なお、自動取り込みができない試験検査データについても、試験検査業務における1人作業をなくし、必ず複数名で0次データをチェックする仕組みを構築してまいります。

4つ目の、契約に定められた仕様の遵守に対する意識の低下への対策です。Eラーニングも活用しながら、日本鉄鋼連盟のガイドラインに沿った教育を実施します。また工場における従業員の声を十分に吸い上げることができていなかった反省に立ち、職場ごとにコミュニケーションの場を設け、風通しの良い職場づくりを進めます。

最後に5つ目の、不十分な組織体制に対する対策です。事業部門、および本社における品質管理チェック機能の不足を補うための施策を講じてまいります。具体的にはアルミ・銅事業部門においては、事業部門直轄に品質保証部を設置し、事業所やグループ会社を対象とした品質監査と、教育や検証に関する役割を担います。さらに品質保証担当者の事業所間の人事交流を進め、人の固定化がもたらす弊害を排除してまいります。各事業所においては品質の管理と保証の機能を明確に分離し、品質保証機能を担う品質保証室は事業所長の直下とし、独立性を確保いたします。本社においても品質監査の専門機能として、品質監査部を設置し、当社の各事業所、およびグループ会社に対して品質監査を実施してまいります。

当社といたしましては、引き続きお客さまによる安全検証を最優先にし、今後とも最大限の協力、検証活動を進めてまいります。また当社グループの引き起こした重大な品質問題により、社会の皆さまに対して、大変なご迷惑、ご心配をお掛けしましたことを、あらためて深くお詫び申し上げます。今後は今回、立案した再発防止策に加えまして、年内をめどに外部調査委員会からの取締役会への報告を受け、品質ガバナンス再構築検討委員会での諸施策の検討も進め、最終的な再発防止策に反映していく予定でございます。私からの説明は以上でございます。

司会:それではこれから質疑とさせていただきます。ご質問あります方は挙手の上、会社名とお名前に続けてご質問をよろしくお願いいたします。なお本日は多数の記者さまがご出席しておられますので、恐縮ですが、ご質問は1人ご1問にてよろしくお願いいたします。はい。どうぞ。

品質を軽視する風土が神戸製鋼で生まれたのはいつなのか

テレビ東京:テレビ東京の大浜です。不正の要因が非常に多岐にわたっていて正直、驚いているんですけれども、これ、結局、社長ご自身、この品質を軽視する風土が神戸製鋼で生まれたのは、いったいいつからなんだというふうに現状、認識していらっしゃいますか。

川崎:私どもの経営体制でございますが、長きにわたって事業部門制を引いてまいりました。事業部門制と申しますのは、各事業部門に収益責任を負わせる。物づくりに関しては、今回の問題になった品質もそうでございますが、その責任も負わせるということを長きにわたってやってまいりました。本社のガバナンスでございますが、各事業部門に共通する、例えば経理とかIT等は、本社ガバナンスを行う方向できたわけでございますけれども、先ほど申し上げましたけれども、品質に関しましては、各事業部門に権限を委譲したという経緯がございます。従いまして、いつからと申し上げると、かなり長きにわたって、事業部門制を引いてきたという歴史に鑑みますと、かなり以前からそういうことになります。

テレビ東京:そうすると、今、分かっている品質不正以外にも、過去さかのぼると、おそらくたくさんあるだろうということなんですか。

川崎:いえ、先ほど申し上げましたが、最小限の本社ガバナンス、つまり経理、IT等は本社ガバナンスに残しましたので、繰り返しになりますが、品質に関しては事業部門に権限委譲をしたという歴史がございます。

山本:品質に関しましては〓ソノスエ 00:23:23〓、不適切な行為の確認を物証、それから聞き取り、その両面で行ってまいっております。物証につきましては、いわゆる検査の生データが証拠として残っているかどうか、これが非常に大事になるわけでございますけれども、これは事業所によってまちまちでございまして、短いものであれば1年、あるいは3年。長いものでも10年程度というところが物証として確認される期間でございます。その期間に関しまして調査を進めてきた結果、10年程度前から不正が行われていたところもあるということが確認されています。

それに加えまして、いろいろな聞き取りの調査をしておりますけれども、その調査内容は引き続き外部調査委員会で継続して行われておりますので、いつから本当にということに関しましては、現時点では明確な答えをこちらからは申し上げる段階ではございません。

テレビ東京::分からないものも含めてまだまだあるであろうということですね。

山本:そこも含めまして、外部調査委員会で継続して調査されていくと、そういうことでございます。

テレビ東京:社長ご自身も生産現場の出身でいらっしゃいますけれども、本当に当時、現場にいらっしゃったときに社長は知らなかったんでしょうか。それとも知っていたけれども、やはり今の社員の皆さんと同じように問題ないだろうという認識でいたということなのか。お願いします。

川崎:私は長きにわたって、ご質問にありましたように生産現場に身を置きました。鉄鋼事業部門でございます。私の専門分野は機械設備でございます。従いまして私の専門領域は建設、あるいは機械の保守、あるいは設備の改善というのが主でございました。そういう観点では、そういう経緯では品質に接することがなかったというのが正確な回答でございます。

テレビ東京:すいません、もうもう1点だけ。神戸製鋼のホームページの表紙から、以前掲げていらっしゃった3つの約束というのがいつの間にかなくなっているんですけれども、これはどうしてなくしたんでしょう。

勝川:KOBELCOの3つの約束といいますのは今年の4月から、信頼をまず旗頭に活動を続けてまいりました。もともとは企業理念としてつくったものではありますが、グループを総称しますKOBELCOということでやらせていただきました。今回、その信頼というところが大変揺らいでいるということで、もう一度仕切り直しをさせていただこうと。これは企業理念を変えようという意味ではございません。もう一度仕切り直しをして、全社を挙げてやっていこうということでいったん外させていただいたということでございます。

テレビ東京:それは実態とあまりにもかけ離れていたことが分かったから、いったんは撤回したということですか。

勝川:そういうわけではございません。撤回ではございません。

テレビ東京:ありがとうございます。

司会:ほかにございますでしょうか。はい。

【連載】データ改ざん問題で神戸製鋼が会見 全文2へ続く

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新聞・テレビが触れられたくない「メディアの大特権」の話をしよう
首都高でダンプカー横転し男性死亡、土砂散乱し通行止め
交差点ですれ違いざまにカバンずらし 下腹部露出をアピール 北千住
「てめえこの野郎」と叫び...1キロ車“追い回す”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加