【ローズS】武豊“夢ユタカ”に3週連続重賞Vへ リスグラシューで挑む!

【ローズS】武豊“夢ユタカ”に3週連続重賞Vへ リスグラシューで挑む!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

滋賀県草津市・草津第二小学校の生徒から見送りを受ける武豊

「ローズS・G2」(17日、阪神)

ローズSで3週連続重賞Vを狙う武豊騎手(48)=栗東・フリー=が14日、滋賀県草津市内の小学校で「スペシャル授業~武豊騎手を迎えて~」と題された特別授業に講師として招かれ、同校の5、6年生の生徒にジョッキーになるまでの経緯や、仕事を通じての経験を熱く語った。

草津市教育委員会が行う「夢・未来を抱くスペシャル授業in草津」の要請によって実現したもので、同委員会によれば年に数回、各方面で活躍する著名人を招いて実施しているという。武豊が同校で特別授業を行うのは12年10月以来2回目のこと。

武豊は集まったおよそ230人の生徒に対して「僕は小学生のころから厩舎にいて、周りに馬がいました。自分自身も競馬が好きだったので迷うことなくジョッキーになりました」と自身のエピソードを語り、「サッカー選手や野球選手とか、いろいろとなりたい夢はあると思うけど、それに向かって努力してほしい」とエールを送った。

参加した生徒からの「緊張をどう克服しますか?」との質問に「緊張することはあります。でも、レースで感じる緊張はうれしい。緊張は嫌じゃないですよ」と武豊。「30年間騎手をやっていますが、今でもうまくなりたい気持ちはあります」と真剣な表情で答えた。

特別授業で「みんなの表情が真面目ですごい」と刺激を受けた様子の武豊は今週のローズSでリスグラシューに騎乗する。小倉2歳Sのアサクサゲンキ、コリアスプリントのグレイスフルリープに続く3週連続重賞Vを目指す。

水曜日の栗東坂路で、文句なしの動きを見せたリスグラシューに「最後の牝馬1冠に向けてトライアルでいいレースをしたい」と話した。48歳になってもなお、存在感を示し続ける天才ジョッキーが今年も秋競馬を盛り上げていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAPメンバー、キムタク以外はいばらの道! ジャニーズが来春に“報復”を開始する!!
大渕愛子 息子のヘルメット治療、5回目の診察結果受け継続治療決意
【ドラえもん】誰も知らないしずかちゃんの極秘情報 / あまり明かされることのなかった秘密のあれこれ10連発
ゲーム中「ご飯だよ」に激高 息子が父親刺し死亡
雲行きが怪しくなってきた北朝鮮情勢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加