熊本地震関連死、新たに6人認定 熊本市、高森町

  • 西日本新聞
  • 更新日:2016/11/29

熊本市と熊本県高森町は29日、熊本地震の震災関連死として60~90代の男女6人を認定したと発表した。県内の関連死は計88人となり、直接死50人と6月の豪雨災害の死者5人を合わせた犠牲者は143人。

熊本市はくも膜下出血の疑いなどで亡くなった3人を関連死と認定。高森町の3人は、避難所生活など地震によるストレスで持病が悪化し亡くなったと認定された。

=2016/11/29 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
暴行死「もう一人の孫の方がかわいかった」
ソロモン諸島沖地震 山口〜九州北部で海面変動に注意 海保
死亡の18歳少年「仕事でトラブル、追われている」
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
ソロモン諸島でM8.0の地震
ウェザーニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加