“3度目のオファー”がついに結実...浦和移籍の岩波拓也「自分も力になりたい」

“3度目のオファー”がついに結実...浦和移籍の岩波拓也「自分も力になりたい」

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/11
No image

神戸から加入した岩波拓也

「アジアチャンピオンになった浦和でプレーできることを嬉しく思います」

新体制発表記者会見でそう語ったのは、ヴィッセル神戸から加入した岩波拓也。神戸の育成組織出身の岩波拓也にとって、今回が自身にとって初の移籍となる。新天地の浦和レッズには、日本代表の槙野智章や世代別代表でともにプレーした遠藤航など、最終ラインのポジションを争うライバルも多い。しかしながら、「挑戦したい」という気持ちが岩波を突き動かした。

「一昨年、昨年も浦和からオファーをいただいて、その時もすごく迷いました。昨年のAFCチャンピオンズリーグ決勝を見て、ファン・サポーター、クラブの大きさを感じ、タイトルを目指す中で自分も力になりたいと思って挑戦することを決めました」

岩波が選んだ背番号は「J1に初めて出た時の31番」。「まだプロでタイトルを取ったことがないので、今年は浦和でタイトルを取れるように全力でプレーをして貢献したい」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FC東京、“ぬるま湯体質”脱却へ。長谷川イズムの注入、4ヶ条の徹底で「あるべき姿」に
広島が山口とプレシーズンマッチ、2月18日にみらスタで開催
U21日本代表、北朝鮮戦のスタメンを発表...第2戦から全員を入れ替える
【C大阪】杉本健勇はなぜ海外移籍をしなかったのか――その胸中を語る
新背番号「15」のFC東京・久保建英が高校生Jリーガーの問題点を解決?!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加