DeNA石田 自己ワースト7失点で5敗目「頭の中を整理できなかった」

DeNA石田 自己ワースト7失点で5敗目「頭の中を整理できなかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

◇セ・リーグ DeNA1―8阪神(2017年8月11日 横浜)

No image

<D・神>5回、無死三塁、ロジャース(右から2人目)に2ランを打たれた石田

DeNA・先発の石田が試合を作ることができなかった。4回1/3を自己ワーストの7失点。5敗目を喫して「テンポとコースに投げることを意識しすぎて、逆に甘く入ってしまった。打たれたあとに頭の中を整理することができなかった」と悔しさをにじませた。

2位・阪神との直接対決。さらに、7月27日の前回対戦で6回3失点で黒星を喫しているだけに「勝つことは絶対でしっかりとした投球をすることが1番」と意気込んで臨んだマウンドだった。しかし、要所での制球に苦しみ2本塁打を含む10安打を浴びた。

阪神とのゲーム差が3に広がり、左腕は「配球や投球内容を含めてしっかりと見直す必要がある」と厳しい表情を浮かべた。それでも、ラミレス監督は「いい日もあれば、悪い日もある。きょうは石田の悪い日だったと言うこと。次はやってくれると思う」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3人制バスケ女子の矢野 認知度向上へELT持田とイベント
巨人ドラ2畠「確かめたかった」筒香を“肝っ玉”直球攻めK斬り
清宮、中村、安田!U18侍211発クリーンアップ
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
明豊・溝上投手 けがを克服、ベンチ入り ライバルと対決夢託す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加